輪郭手術後、後遺症になったら?

張ったエラ、顎先の非対称、長い顎、無顎などが原因の場合、輪郭整形を通して顎先の形を矯正し、顔型を変えることができるようになった昨今・・しかし既存の輪郭手術後に顎骨骨折、非対称、凸凹したライン、階段現象、痛みなどの予想もつかなかった後遺症が発生することもあります。そんな輪郭整形後の後遺症に悩んでいる方に今日ご紹介するのが、顔面輪郭後遺症クリニックという名で運営している病院です。これは、1次的な手術内容と過程での問題点を綿密にチェックし、 後遺症の正確な原因を把握し治療をしてくれる病院です。他病院での予期しなかった後遺症を専門の病院で効果的に治療が可能です。

 

 輪郭手術後の後遺症

SnapCrab_NoName_2014-2-23_17-9-17_No-001 原因を正確に分析

1次手術の問題点を正確に分析し、後遺症治療で満足のいく改善が可能かどうかを把握しながら手術を進行し完成度の高い結果を出します。3D顔面輪郭システムを基盤に進行します。

 

 

SnapCrab_NoName_2014-2-23_17-8-29_No-002 後遺症治療の経験とノウハウ

顔面輪郭後遺症で治療をしてきた多様なケースとノウハウを

医療陣たちは保有しているため、各症状に合った様々なノウハウを適用させ、手術の満足度を高めることができます。

 

 

SnapCrab_NoName_2014-2-23_17-8-20_No-003 後遺症治療は1:1で個人に合わせた相談

後遺症により心と体の苦痛や傷を負った患者さんたちに

シミュレーションを通して満足のいく結果を予測後、

手術を進行していきます。

 

 

SnapCrab_NoName_2014-2-23_17-9-4_No-004 後遺症治療のためのシステム

3DCTや臨床検査などの検査と安全麻酔設備、

手術中に起こり得る事態にまで備えて多様で安全な施設をもっています。

 

 

 

 

後遺症の主な症状

・顎骨が骨折した

・顎のラインが凸凹している

・顎ラインが非対称

・前顎が太くて短い

・頬骨が非対称

・骨切りした部位が陥没している

・頬のたるみが生じた

・下の歯がしびれて、ひりひりする(痛む)

・唇の感覚が落ちた

・口が閉じない

・喉が痛い

・口の中が出血する、水がたまる

・顎が片側にひっこんでいる

・首にこぶができた

・痛み、感覚異常がある

・ひきつる現象が持続している

こういった後遺症が起こる原因はさまざまであるため、専門の医師が原因をチェックするために現在の状態を正確に把握し、分析することがとても重要です。専門医は実力と経験をパターンに2次後遺症を防止します。また、後遺症による苦痛を受けている患者さんは整形外科の選択がとても重要になってきますのでもしこういった後遺症で悩んでる方がいましたら一度ご相談ください。