Blog

突出口の手術で病院の選択および治療方法に悩んでいる方に、今日は突出口手術についてご紹介したいと思います。

突出口手術の対象

  1. 無意識のうちに口が常にあいている
  2. 顎の部位が貧弱で無顎のように見える
  3. 歯と歯茎が共に出ている
  4. 笑う時に歯茎がたくさんみえる
  5. 人中が長かったり、長く見える

突出口の効果的で体系的な手術方法とは?

突出口手術はまず、患者さんの状態によって手術方法を進行します。手術後即、確実な変化を確認することができ、歯科共同診察システムで、機能的、美的部分すべてを考慮して最上の結果を引き出します。

突出口手術を進行している病院は多いですが、より安全で効果的に進行している病院は多くはありません。突出口治療を専門的に進行している病院では、患者の満足度のために多様な突出口治療方法を進行しています。3Dスキャナーを活用し、患者の手術前の状態を正確にチェックし、原因を解決します。手術後にはレーザー施術などで、腫れとあざを最小限にとどめるアフターケアサービスが充実してるところあります。

手術方法

tosshutu

突出口専門病院での突出口手術は、上下の犬歯4本を抜いて抜歯した歯の空間の分の骨を除去したのち、前方の6本の歯を含めた骨格を後ろへ後退させて固定する方式でなされます。

・/

手術時間:1時間半
麻酔方法:全身麻酔
入院日数:1泊
日常生活:3日後から可能
抜糸:なし

 

 

tosshutu before tosshutu after

 

tosshutu before2 tosshutu after2

 


 


関連記事