【韓国・渡航情報】6月1日から観光ビザ申請受付スタート

カエル目を改善!眼球突出の手術後記

コロナの影響による長い休暇利用して眼球突出の手術を受けた2人の女性の手術後記をご紹介します。

『眼球突出手術後記』  ヒジョン(韓国女性)

前からしたいと思っていた眼球突出のカウンセリング予約をしたら、ちょうどその日の午後、院長のスケジュールが空いたため、手術までしてしまったのですが、カウンセリングを受けたその日にすぐ手術までするなんて自分でも自分の決断力に驚いています。

手術をしてから今日で29日経ちますが、だいぶ回復しました。もともとそんなに飛び出ていたわけではないので、眼球は僅かに入っだだけですが、雰囲気が凄く変わりました。やさしい女性らしさが出てきたようで、私にぴったりのいい感じの目に生まれ変わりました。

カエルのような目がコンプレックスだったので、いまは毎朝目が覚めるのが楽しく幸せです。手術を安全にしてくださった先生をはじめ、親切な対応をしていただいたスタッフの皆さま本当にありがとうございました。

 

『眼球突出の手術をして』  ハン・ソルヒ(韓国女性)

私は目が飛び出ているせいで、明るい所や蛍光灯の下に行くと余計にもっと飛び出て見えるのがとてもストレスでした。そのことで美容外科に相談しにいっても改善はしにくいと言われたので、色々検索してみたところ、眼球突出の手術があることを知り、それを受けるしかないと思いました。

聞き慣れない手術名だったので始めは心配でしたが、私のようなカエル目の人たちの間では有名な手術で、ソウルではこちらの病院が有名だったので悩むことなくここを選びました。不安はありつつも、改善できる手術があるというだけで希望が持てました。小3の時から20年以上ストレスだったカエル目が良くなる日が来るなんて夢のようでした。

手術をした直後の一定期間は全てのことに気を付けて静かに過ごしていました。 一週間後からは身も心もすっきりして、毎日鏡で見るのが幸せでした。

今は5週目になりますが、不自由なこともなく、定着したようで日常生活ができています。目が中に入っただけで、人ってこんなに変わるんですね。 会社の人や知り合いには、さらに大人しい印象になったと言われます。

私の人生を新しく変えてくれた先生には、本当に感謝しています。


※眼球突出のご相談はオンラインにてお預かりしています※

全てのお問合せは下記LINEまでご連絡ください

LINE@ID :@qps2436f
友だち追加