【最新版】ビザ無し韓国旅行の流れ&PCR検査予約代行受付中!

飛び出た眼球を治す!眼窩拡張術

目は大きいけれど、眼球が突出していることで悩んでるいる方を時々お見受けします。こういう方は二重埋没をしてもすぐにほどけてしまったり、あるいは二重整形をしたことで、ますます目が飛び出た感じが強調されたと悩んでる方もいらっしゃると思います。

そこで今回は飛び出た眼球を改善する眼窩がんか拡張術という手術についてご紹介したいと思います。

 

眼球が突出している原因

眼球突出とは眼球が飛び出ている状態を意味しますが、これは先天的あるいは後天的な原因によって発生します。眼球の周りにある骨(眼窩骨)は、4つの壁で囲んで目を保護しています。もしこの眼窩骨が狭いと、眼球が占領する空間が狭くなってしまうため眼球が突び出てしまいます。また甲状腺疾患を患っている場合も、目が浮腫むことで眼球が突び出た状態になることがあります。

 

眼球突出の症状

  • 眼球の乾燥によるドライアイ
  • ドライアイがひどくなると角膜に栄養供給できず角膜潰瘍になることもある
  • 眼球突出がひどくなると痛みや充血が表れることがある
  • 眼球突出で眼圧があがってきて視力に悪影響を与えることがある
  • 眼球が突出していると相対的に鼻や額が低くみえてしまう
  • 眼球突出の方の多くは視力が近視であることが多い
  • 眼球突出の方の中には突出口の症状を伴っている症例も多い

 

眼球突出の自己診断方法

自身の眼球が飛び出ているのかどうかがわかる、簡単な自己診断方法です。

①ペンを1本用意する
②鼻の付け根部分に水平に置く
⇒ボールペンが瞼にあたるなら眼球が突出している可能性が高い

 

眼球突出の治療方法

1 眼窩がんか拡張術(先天的または後天的な眼球突出の美容的改善手術)

眼球突出を矯正する眼窩拡張術は目の機能よりも美容的改善の目的がより大きい手術です。先天的に眼窩骨が狭い眼球突出であるなら、いつでも手術で矯正が可能です。

眼球突出になってしまう後天的な要因には、呼吸の習慣と関連があります。幼い時から水泳、管楽器の演奏などといった呼吸を我慢する行為が繰り返されると、眼球に圧力がかかって目と目の間にある骨が発達してしまい、この過程で大きくなった篩骨しこつと隣接した眼窩骨が相対的に狭くなり眼球が突出するようになります。このように後天的な原因で突出してしまった場合でも、眼窩拡張術で矯正することはできます。

また、甲状腺機能の亢進症を患ったことで眼球が突出してしまった場合、病気が治っても眼球が元通りに引っ込まないことがあります。このような場合でもこの手術で矯正することができます。

【手術概要】
・手術は目の内側の結膜部分を切開して行う(術後の傷は目立ちません)
・眼球を取り巻いている眼窩骨(内側、下側、横側)の骨を微細に折骨し内側へ押し込む
・眼窩の空間を広げることで、眼球は自然に中へ入りこむようになる

手術時間:約1時間
麻酔:全身麻酔
入院:必要なし

 

2 眼窩がんか減圧術(疾患による眼球突出の問題を解決する際に施行)

甲状腺機能異常によって眼圧が上昇し、目の内側の腫れた脂肪や筋肉が眼球を外側へ押しだすと視神経が圧迫されます。このような甲状腺機能の亢進症が原因で眼球が突出し、視力が脅威にさらされている場合、眼窩減圧術を施行します。主に美容目的というより疾病による目の機能的な問題の解決を優先する際に考えられる手術といえます。

【手術概要】
・手術は目の内側の結膜部分を切開して行う(術後の傷は目立ちません)
・眼球を取り巻いている眼窩骨の一部を砕いて除去する
・目の周囲の圧をさげて視力を脅かす視神経の圧迫を解消する
・広くなった眼窩空間で飛び出た目が中に入るようになる

手術時間:1~2時間
麻酔:全身麻酔
入院:必要なし

 

 

眼球突出を改善する手術はとても特殊なため、この手術を行っている病院は韓国内でも非常に希少です。ABOUT MEDICALでは、この手術を多く手掛けてきたベテラン医師のいる病院をご紹介していますので、眼球突出でお悩みの方はぜひLINEにてお問合せください。写真での無料相談も随時受付しております。

 


LINE ID :@qps2436f
友だち追加