Blog

今日は、輪郭手術のダウンタイムについてお話したいと思います。どうしても多くの方は特別に休暇を利用して輪郭手術をされるため、回復の日数についてははずせない気になる部分になるかと思います。※ダウンタイムとは、術後~日常生活に戻れるまでの時間をいいます。

 

 

腫れのピークは3日目まで、あとは徐々に引いていく

まず、手術部位ごとに若干違いはありますが、共通して言えることは、腫れは術後3日目まで続き、その後ひきはじめるという点です。普通は1週間も経てば大きな腫れはだいぶなくなったように見えます。また、エラを削る手術より頬骨を縮小する手術のほうがあまり腫れません。エラ削りの場合、骨を切除する過程がありますが、頬骨は骨を内側などへ移動させるものですので、頬骨縮小の腫れは、輪郭手術の中でも比較的一番腫れずにすみます。また、腫れは上から下へと降りていくため、前顎は他の部位に比べてさらに長く腫れるでしょう。この時、頬が飴玉を噛んでるかのような症状が出ることもありますが、時間が過ぎればゆっくりひいていく部位ですので、時間をかけて待てば効果は得られますので心配ありません。

 

輪郭手術のダウンタイムのまとめ

・術後2~3日目までが一番ピークで腫れる時期です

・術後1週間目くらいから外出や出勤が可能になります

・腫れる期間は、頬骨→エラ→前顎の順に長くかかります

 

guide5

 

 

 


関連記事