Blog

こんにちは。今日は輪郭の非対称の矯正について記事にしたいと思います。人は、顔が完璧な左右対称な方はいません。少しずつ左右差がありますが、時にこの左右差が目につくほど目立つ場合、容姿のコンプレックスになるため、矯正を望む方がいらっしゃいます。
このような非対称を矯正する方法には、頬骨、エラ、前顎の手術といった輪郭手術をする方法と両顎手術が必要な場合がありますが、どのような手術をしなければならないのかは、左右非対称の状態や程度、範囲によって異なります。

 

輪郭手術で非対称の矯正が可能な場合とは

非対称の状態の程度と望む効果によって異なりますが、ある程度は輪郭手術で矯正が可能です。歯の中心が合っていなかったり、噛み合わせの問題まである場合は両顎手術が効果的ですが、顔のラインの非対称であれば、輪郭手術だけで充分に効果は得られます。

 非対称を矯正するために輪郭手術をする場合、骨を切除する量や、動かす程度は患者の顔の骨に合わせて両側を調節し、非対称がより小さくなるように手術が施されます。すなわち、エラや頬骨を手術する程度も異なって行われ、最大限非対称を調節するようにします。

 

 片側だけの手術も可能?!

よく左右非対称の方で、片側だけ手術をしても矯正が可能かどうかについて気になる方もいらっしゃいますが、左右差がある場合、片側だけ手術をすることも可能です。ただ差があったとしても左右両方を一緒にやらないと非対称が矯正できない場合もあり、また必要に応じて他の部位と共にしなければならない場合もあります。顔の骨はお互い全て連結しているため、一つだけの非対称があるのか、他の部分にも非対称があるのか、またそれは突き出ているのかどうかについても判断する必要があります。

 

輪郭手術で非対称はある程度カバーできる

非対称は、人によって程度が異なり、類型も違います。骨の大きさと関連がある場合もありますが、顔の中心を軸としてみた時、その配列がずれている場合もあります。複雑な様々な原因が考えられますが、大きな手術を避けつつ、中央線や口の位置まで完璧に正しく整列しなくてもいいなら、すなわち非対称の程度が深刻でないなら、輪郭手術である程度は矯正することができるという点を参考にしてみてください。

 

guide5


関連記事