Blog

こんにちは。鼻の手術は、鼻先をどうのように綺麗に作るかによって鼻の形が決定します。まず大前提として、鼻頭にはシリコンやゴアテックスなどは使用しません。鼻先は本来、軟骨で成す部分であるためシリコンやゴアテックスのような固い骨のような材質では適さないのです。そのため、鼻先には耳介軟骨鼻中隔軟骨、そして肋骨軟骨などを使用します。

ということで今日はこれらの3つの軟骨について基本的な説明をしたいと思います。

 

 鼻先に適した材料

1 耳介軟骨

耳介軟骨は、言葉の通り私たちの耳にある軟骨を採取して使用します。ただし、耳介軟骨はもともと量が少なく脆いため、時間の経過とともに変形する可能性もなきにしもありません。

 

2 鼻中隔軟骨

最も安全性の高い方法であるといわれています。というのは、鼻中隔軟骨は耳軟骨よりも多くの量を採取することができ、脆弱性が少ないからです。特に鼻先を高く整えたいのであれば、この方法が最もお勧めできるでしょう。

 

3 肋骨軟骨

少々危険度の高い方法です。というのは、肋骨を採取する手術自体に危険性が伴うことが考えられるからです。つまり、この方法は鼻の再手術を幾度と重ねていて、すでに採取する耳介軟骨がない場合などの、最終手段であると捉えておくとよいでしょう。

 

鼻中隔軟骨は専門医だからこそできる

上記でご紹介した手術は、自身の身体の一部の組織を採取して行うため、プロテーゼのような異物反応を起こす危険性はほぼ皆無です。ただし、これらの手術を行うに当たっては、熟練度の高い医師に依頼する必要があります。

ただ病院によっては、はじめから鼻中隔軟骨を排除して耳介軟骨を採取する方法を主張する医者いますが、実は耳介軟骨を採取するほうがとても簡単なのです。

つまり、鼻中隔軟骨は形成外科専門医でないと、そして、専門医だとしても鼻の手術の経験が豊富でない医師にはできません。鼻中隔軟骨をきちんと採取するのは難しいため、ただ耳介軟骨を使おうとする医者たちがいるという事実も念頭においておきましょう。

 

百瀬
鼻の手術をお考えの場合には、必ず専門分野に特化した知識の豊富な専門医に相談し、最も安全に鼻先の形を整えることのできる手術を選びましょう。

 

guide5


関連記事