Blog

輪郭手術といえば、主に頬骨とエラ骨削りのことをいい、前顎手術は、別個の顎の手術として考えられます。というのも、神経線に少し接近する位置にあるので費用も高く策定されており、個人によって切除量も異なるため、危険度も異なります。はじめて前顎切除術が出始めた頃の料金は、今の輪郭手術を全て行うぐらいの金額でした。それほどに出はじめた当初は画期的な手術だったといえます。今日は輪郭整形の基本編第2弾として、前顎切骨術について紹介したいと思います。

 

前顎切骨術の種類

 

① T字切骨術

一つ目は一番多く知られているT字切骨術です。図をみればすぐにわかると思います。

mae

まず左の図です。前顎をアルファベットのTの形に切ってVラインにするために骨片を抜いて、Vラインにします。U字型の顎の形をした方に効果的です。青い部分が除去され、左右切骨した部分を中心に集めて左右のラインを整えます。この時、若干左右の非対称がある方は、それも考慮して矯正できるため一石二鳥です。

 

これよりもう少し、効果的な手術が右の図です。青色の部分である上下の骨と左右の骨を抜いてプレート、スクリューで固定します。この部分は横線が2つあるように横にもう一度切骨しますが、他の部分は左の写真と同じです。この手術はVラインの効果と同時に長い顎も改善できます。

 

② Y字切骨術

Y

やはりアルファベットのY字に切骨することで付いた名前です。事実、多くの病院で採用されていますが、あまり広く知られていない手術技法です。患者の前顎の骨格によって深いY字型に切ることもできれば、小さいYラインに切ることもできます。T字切骨より良い点は、神経線を避けてより深いVラインにつなげることができる点です

左の図は前顎が太く丸みのある場合に改善効果があり、Vラインに作ることができます。右の図はしゃくれ顎のような長くて角ばった顎の場合に効果があります。

 

③ 逆V字切骨術

V

V字を逆さまにした形です。この逆V字切骨をメインとしてる病院はすごく多いといわれています。逆V字切骨後はその形がそのまま青色線の骨片を脱落させて下顎と上顎を固定する方法で、顎の上下の長さは調節できますが、効果的なVラインを作るのには限界があるようです。ですので、この方法は顎は長いけれども全体的にVライン帯びた顔型の人には効果的な手術で、自然にやさしいフェイスラインにしたい人に合っています。私の個人的意見としては、逆V字切骨だけをした場合、実際にはダイナミックな変化は望めないと思います。

 

④ I字切骨術

I

アルファベットのI字の切骨と呼ばれているものは、広くは一直線切骨と呼ばれています。図のように、主に前顎が長い人が長さを調節するのに使われる手術です。顎の長い方が、Vラインまでは望まないけど自然に長さだけを縮小したいという人に適しています。

 

⑤ 長曲線切除術

最後に長曲線切除術についてです。

00

この手術は、前回のPaert1で紹介したエラ骨縮小術(エラ骨削り)に適用し、顎の全体的なラインを作るのに適しています。しかし、病院によって手術方法が少しずつ異なりますので一番よくされている方法で説明したいと思います。

上の図は耳下のエラから前顎までの該当部位にある外側の骨を切除する方法です。図をみてもわかるように、神経線に触れないラインで切除をしますが、ちょっと多めに削られただけで、不自然になってしまうという短所があります。神経線に触れてしまう危険も高いため、この技術に長けた先生でない限り避けたほうがいいでしょう。長所は、固定する必要がないので、プレートやネジ・ピンなどが使われないという点です。

 

ちなみに下の図も長曲線切除術の一種です。

11

同じ長曲線切除術ではありますが、カット、方式が少しずつ違います。一度にすべてを取り除くのではなく、耳の後ろのエラを切除、表側にある皮質を切骨、前顎ラインを削りとるといった段階的な手術方法です。

 ★

以上、2回に渡って輪郭整形の基本についてひととおり紹介してきました。ここで紹介した程度のことを把握されていれば、実際のカウンセリングにおいても、手術方法の説明にもスムーズに理解がいくと思います。この続きはいずれ、頬骨縮小術と固定式、非固定式輪郭手術についても紹介していきたいと思います。

 

 

 


関連記事