Blog

 

童顔が“美”の一部を占めるようになった昨今、刻まれたほうれい線と突出したように見える口のせいで悩みをかかえる人たちが増えています。特にしわは童顔を妨げる要素として皮膚の老化現象として生じるものでこの時ほうれい線が深くなればなるほど年齢より老けてみえてしまいます。目元よりも口元のしわが、より人老けて見えさせるということをご存じでしょうか。そこで今日は貴族手術についてご紹介したいと思います。

 

貴族手術とは?

鼻脇から口脇までの部位が低く見える時、これを上げてあげる手術をいいます。俗にほうれい線と呼ばれる部位が深く刻まれて、若干貧相にも見え、相対的に口が突出したようにも見えるのを改善します。

貴族手術の効果

- 突出した口がへこんだように見える効果
- ほうれい線が緩和され、若く綺麗に見える効果
- nasolabial angle(ナゾラビアル アングル)が改善され口元が魅力的にみえる効果

※nasolabial anglとは鼻の先端と鼻の付け根を結んだ線と上唇の先端を結んだ線とのなす角度を言います

貴族手術の方法

SnapCrab_NoName_2013-11-24_15-21-24_No-00

①模型物の挿入 シリコン模型物を使用してくぼんだ鼻周辺の骨格を補完する方法です。鼻の下部位のへこみと口が突出してみえる現象を一番確実に解決することができ、効果は永久的です。睡眠麻酔で進行し、口の中の小さな切開を通して鼻脇のほうれい線部位に模型物を挿入します。

SnapCrab_NoName_2013-11-24_15-21-41_No-00

②脂肪移植 太ももや腹部から脂肪を採取し、鼻横部位から口のへりまでへこんだ部位に注入する方法です。自家組織を移植することで生着後の後遺症が全くなく、手術が簡単で回復が早いという長所があります。しかし移植した脂肪の一部が吸収されるため再手術が必要なこともあります。模型物挿入への拒否感がある方におすすめの施術で、貴族手術の範囲を中顔面全体に拡張して施術が可能であるというメリットもあります。また笑った時の不自由さや異物感が少なく、貴族手術後のぎこちなさを最小限に抑えることができます。

両愕・輪郭手術の中で、エラ骨、頬骨のような顔の輪郭を大きく改善させる手術だけではなく、現在の自身の姿を維持しながら、どこを手術したかわからないほど若く洗練されたイメージに変えられる代表的な手術が貴族手術です。鼻を中心に目、頬骨、口を境界する中顔面部がくぼんでいる場合、 とくに小鼻部位が深くへこんで口が突出してる印象は良いイメージとはいえません。このような部位を補完していわゆる“貴族”のような印象に映し出す手術がまさに貴族手術です。ほうれい線の深刻度合いによって、また中顔面部の発達様相によって手術方法が決定されます。

 

 


関連記事