Blog

後頭部にボリュームがなく真っ平ら(俗にいう絶壁)で悩んでる方も少なくないと思います。 そこで今日は、後頭部整形についてご紹介したいと思います。

 

後頭部整形とは

幼いころから後頭部が絶壁でへこんで悩んでいる方もいるかと思います。可愛い帽子をかぶってみたい!色んなヘアスタイルが似合う後頭部になりたい!そんな方には、オステオボンド(骨セメント、メチルメタクリルレート)を利用した後頭部整形でボリュームのある滑らかな後頭部を作ることができます。 オステオボンド(骨セメント)を使用した後頭部整形は、30~40分程度の所要時間で、手術は無痛睡眠麻酔で進行するため、痛みはほとんど感じません。入院治療などはまったく必要なく、手術後は1時間ほど休んで回復した後、帰宅できます。

kotobu_convert_

オステオボンド(骨セメント)の安全性はすでに多くの論文で30年以上の経過観察を通して認証されています。手術後の抜糸は1週目で、その後は平素となんら変わりなく日常生活が可能です。

 ・

後頭部整形に適した人

- 全体的に後頭部が平らな方 - 後頭部が滑らかではない方
- 後頭部の左右の非対称が深刻な方 - 真ん中が陥没している後頭部の方

手術方法

- 後頭部の上側の皮膚3~4cmを切開します
- 頭皮下の骨を囲んでいる膜を剥離してオステオボンドが入る空間を作ります
- 矯正しようとする部位にオステオボンドを挿入し望むデザインに作り固めます
- 挿入したオステオボンドが完全に固まったら 切開部位をステイプラーや縫合糸で縫合します
- 手術が全て終わったら後頭部の上側に包帯を巻きます

オステオボンドを使用した後頭部整形の特徴

- 手術時、毛髪を除去する必要がありません
- 模型物を制作するなどの必要がありません
- 手術後、当日から仰向けに寝ることが可能です
- 腫れが顔にまでおりてこないため、回復期間が短いです
- 希望する場合には後頭部だけでなく頭のテッペン部分も一緒に、または別途で施術が可能です
- 手術部位の傷跡は毛髪に隠れて目立ちません

※手術後の一般的に表れる炎症、出血などの症状は個人によって差があるため格別な注意が必要です

kotobu-2 kotobu-1

模型物に使われるオステオボンドは、非常に扱いが難しいとされているため、このオステオボンドを使用した後頭部整形を扱ってる美容外科は韓国でも希少です。後頭部整形を考えてる方は、技術を誇る専門病院をご紹介いたしますのでぜひお問い合わせください。


関連記事