Blog

前回の記事『半永久フィラー・アテコール!本当に安全?!』の続きになります。前回の記事はこちら→ 『半永久フィラー・アテコール!本当に安全?!①』

/

 

 

アテコール施術に適した部位は?

部位

ほうれい線が刻まれて深くなったしわに効果があります。ほうれい線と鼻柱整形にはVery Good! 額のしわ、眉間のしわ、あご無しの再建にはGood!アテコールはアンプルひとつの容量が0.7ccです。(ヒアルロン酸成分のフィラーは1cc)/

 

SnapCrab_NoName_2013-6-19_13-41-52_No-00

SnapCrab_NoName_2013-6-19_13-42-34_No-00

/

 

こんな人がアテコール施術に向いています

■ ほうれい線のせいで10年老けてみえ、メスを使う手術はしたくない方
■ ヒアルロン酸成分のフィラー施術期間に満足のいってない方
■ 皮膚が薄く、手術では目だってしまう恐れのある方
■ 1年に1~2回、病院に通ってフィラーを受けるのが煩わしい方

/

 

アテコールの料金が一般のフィラーより安い理由?

アテコールは効果が10年以上持続されるフィラーです。そんなアテコールの料金は、効果が一定期間あらわれるフィラーより実は安いのです。そんなはずがない?!レスチリンやジュビダームのようなヒアルロン酸成分のフィラーと単純に費用だけを比較すればアテコール施術が高いのは確かです。しかし、ヒアルロン酸成分のフィラーの維持期間を考えてみてください。1回打って1年程度持続したとして、10年間打ち続けると考えれば、もうおわかりですね?1年に1回ずつ打つヒアルロン酸成分フィラーVS1回打って半永久的に持続するアテコール。費用と維持期間をともにみれば、経済的なのはどちらでしょうか?アテコールは一回の費用はヒアルロン酸フィラーより高いですが、長期的な目でみれば、より経済的であることがおわかりになると思います。さて、アテコールがどういった成分で、どこに打つと効果的で、経済的な面も確認できましたが、では最後にそのアテコールをどこの病院で施術を受けるかが一番の重要問題です!

 

 

アテコール施術は指定病院で

アテコール施術の経験が豊富な医師に出会えれば、副作用の心配は全く必要ありません。私がちょっと調べた情報をお知らせしますと、現在、韓国でアテコール施術を受けられる病院はソウル・首都圏内ではたった5ヶ所しかないそうです!これは重要な意味を持っています。アテコールを輸入・供給する業者にとって、数多くの病院でアテコール施術をされることが利得になりますが、そのようにしないことが、まさに検証された実力のある者だけに信じて任せるという理由があるわけです。

どこででも施術が受けられるわけではないアテコール!
施術する医師さえ実力を持っていれば心配のないアテコール!

アテコールの魅力を知ったらきっと拒否する理由はなくなることでしょう

 

 


関連記事