Blog

両顎手術の基本的な目標とは何か?それは、歯の噛み合わせを合わせることにあります。先天的あるいは後天的に下顎が発達している不正咬合の方は、食べ物を噛んだり、発音するときに異常がおこります。それを治療するのが、両顎手術の目的でした。しかし最近の傾向としては、両顎手術も美容的な目的で受ける手術として変化しつつあり、患者さんの期待も単に嚙み合わせを合わせるためだけでなく、より顔を小さく、より綺麗になることへと変化してきています。

そのため、噛み合わせはもちろんのこと、顔の形や全体のバランスを見るのに必要となってくるのが、両顎手術をシミュレーションしてくれるプログラム『3D Morpheus(モルペウス)です。

 

この3D Morpheusは、90%以上の手術後の姿をシミュレーションで予測できると言われています。完成度の高い手術後の予想ができるため、手術を望んでる方にとっては術前の不安が解消されることはもちろんですが、中には手術後の効果がそれほど期待通りではないと、手術をしない決心をすることになるかもしれません。

つまり、両顎手術や、突出口手術を考えている方にとって、3D Morpheusを使ったシミュレーションは、手術の選択をするにあたって良い判断材料になるといえます。

 

 

※3Dシミュレーションは両顎&突出口手術対象の方のみ行っています。輪郭手術のみの場合は行っていません

 

 

 

 


関連記事