輪郭手術後に運動をしても大丈夫?!

輪郭手術後、いつから野外活動やスポーツなどしてもいいのか? これは普段運動を習慣とされている方にとってはとても気になる部分だといます。そこで今日はこれについて記事にしてみようと思います。

 

運動のせいで頬肉は垂れ下がらない

輪郭手術後、激しい運動や動作をするもしかして肉が垂れたりするのではないかと心配になる部分があると思います。まずここでいう輪郭手術とは頬骨の手術をさしますが、結論からいいますと、輪郭手術後に運動をしたからといってその運きのせいで頬の肉が下さがったりすることはありません。

手術後は骨の形、つまり骨格の変化にあわせて周辺の肉も適応するようになりますが、この過程において肉がきちんと移動しなかったという確率は非常に少ないことです。( たまに一部の病院ではそうではないような説明をするところもありますが、それは医学的明ではないと思います)

つまり、正しい骨切り術で手術を行い、強固に固定をすれば肉が垂れ下がったりあるいは動いて他の現象が生じることはありません。よって、頬骨縮小やエラの手術後、運動などの動きによる頬のたるみを心配する必要はありません。

 

手術前と後の骨の強度はほぼ同じ

ところが、直接的な激刺を加えた場合には違ってきます。例えば、顔面を強くぶつけたりすれば、たとえ手術をしていない人でも顔面の骨格はひどい衝撃を得ます。 特に鼻や骨の部分は顔の中でも突出している部分ですのでたやすく怪我をする恐れがあります。

手術をした骨の強度は手術前とほぼ同じです。ですので普段の動作においては全く問題はなく安心ですが、私たちが普段、怪我をする恐れのある強い刺激や衝撃については手術前でも後でも同じことです。つまり手術をたからというわけではなく、手術前と同様に気をつけなければならないことは同じなのです。

輪郭手術を受けた多くの方が、この部分に非常に敏感になって野外活動や普通の運動のような平凡な活動にも制約があるのではないかと心配をされますが、骨が完全に回復されたのちであれば、以前と同様に普段と全く同じ生活を送れるんだということを知っておいていただきたいと思います。

 

 guide5