Blog

こんにちは。最近こんな問い合わせがありました。

“瞼の垂るみと眠たそうな目つきが気になりカウンセリングにいったら、眼瞼下垂だと診断され二重の手術を勧められました。だけどもともと私は一重なので二重にはなりたくありません。何か方法はあるのでしょうか?”

このような同じ悩みを抱えてる方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか?
実は二重を作らずにぱっちりした目になる方法はあります。
最近は、二重ではない目も十分に魅力があると認識されてきており、大きくぱっちりした一重の目を好む人が徐々に増えてきました。そこで今日は二重にならない目つき矯正についてご紹介したいと思います。

二重にならない目つき矯正は、二重の切開をせずとも瞼のたるみと目つきを矯正する手術方法で、眼瞼下垂の方や左右差のある目の矯正に大きな効果があります。

 

 

 icon-square 二重にならない目つき矯正は、こんな方に向いています

 icon-check 二重のない大きな目になりたい
 icon-check 二重のないぱっちりした目になりたい
 icon-check かなり瞼がたるんでおり、瞳部分が瞼で隠れてしまっている
 icon-check 眠たそうな目をしている
 icon-check 目が小さく、目つきが険しい
 icon-check 自然な目でありたい
 icon-check 眼瞼下垂で目が開けづらく日常生活に支障がある

 

icon-square 二重にならない目つき矯正の手術方法

手術方法は大きくわけて2種類があります。

 

 ①切開法・・・瞼の皮膚が厚く、脂肪の多い方向け 

sekkai

目頭側を切開後、筋肉、脂肪など一部を除去し目を開ける筋肉を結んで二重ができないように皮膚を縫合します。

 

 

 ②非切開法・・・瞼の皮膚が薄く脂肪があまりない方向け

hisekkai瞼をつまんで内側の結膜を切り込み、目を開ける筋肉を結ぶ方法で、瞼を全くいじらないため、二重ができません。

 

 

百瀬
二重なし目つき矯正の一番の特徴は、ナチュラルさです。もともと一重の女性の方はもちろんのこと、男性の方にもこの二重にならない目つき矯正はおすすめです。これからは二重ではなくとも自然でぱっちりした目元を手に入れる時代です!

 

guide5

 


関連記事