【同行通訳】 突出口+頬骨+Vライン カウンセリング

こんにちは。今日は、先日のカウンセリング廻りで同行通訳をした時の模様をレポします。相談部位は、突出口、頬骨、Vラインです。

まず、突出口とは、その名の通り口元が突き出たような症状のことをいいます。この突出口を改善するには、主に次の2つの手術方法があります。

 icon-circle 上下の歯を抜歯をしてその隙間の分だけ口をひっこめる、突出口術
(術後、必ず歯の矯正が必要になる。矯正期間は1~2年程度。)
 icon-circle 上下の顎骨を切断し、移動させる両顎手術
(矯正の有無は術後に判断されるが、しても6ヶ月程度。歯の噛み合わせに問題ない方はこの方法を採用することが多い)

 

これを踏まえて、まずは1件目の病院です。
最近拡張移転されたこちらの病院は名実ともに輪郭・両顎整形で有名な病院です。

id4

 

今回のお客様の場合、幸いにも口元の突出している度合いがそれほどひどくなく、また歯の噛み合わせは綺麗で問題がないため、先生は次の2つのどちらかでの手術を提案されました。

①大がかりな骨の手術はせずに、貴族手術でボリュームを出し、口元を改善させる
②両顎手術をして口元ひっこめる

患者さんは②を選択され、それに加えて、輪郭は頬骨+Vライン(エラ+前顎)の手術をするという診断になりました。

 

 

続いて2件目は輪郭・両顎専門の歯科医院です。

M치과

こちらの病院でも同じく、抜歯の必要な突出口術をする必要はなく、両顎手術をすれば十分に改善できるという診断結果がでました。また輪郭については、頬骨縮小とエラ削り、前顎は少し削って整える程度で十分ということでした。(前顎を切骨するVラインは必要はない)

 

最後の3件目です。

바노바기치과2
こちらの病院でもやはり、両顎手術で突出口を改善し、加えて頬骨+Vラインの輪郭をすることをすすめられました。また両顎手術後に歯の矯正が必要になった場合には、1ヶ月に1回、6ヶ月間ほどの通院が必要になるとのことでしたが、そのくらいであれば通えそうということで矯正についてはお客様も納得していました。(矯正の有無については術後に医師が判断します)

 

百瀬
 こうして3件の病院を廻った後、お客様はすぐに病院を決定されて、予約金の支払い&手術予約をし、ついでに血液検査も済ませてしまいました。病院と手術日が決まってしまうと、あとは手術日までが待ち遠しいというご様子で無事帰国されました
 
 

 

 

guide5

 

 

 

/