傷跡・ニキビ跡に幹細胞傷跡整形!

今日は傷跡やニキビ跡に悩んでいる方のために、幹細胞傷跡整形について紹介したいと思います。幹細胞傷跡整形とは、幹細胞を利用して傷を取り除く手術方法です。

 

傷跡治療が必要な理由

軽い傷なら時間が過ぎれば自然と消えてなくなるのが一般的ですが、深い傷の場合には色素の沈着やケロイドなどいろいろな理由で傷跡となって残ることがあります。特に外からみえる傷は、心理的な萎縮感から性格障害にまで至ることもあり、精神的健康にも良くない影響を与えるため、傷のせいで心理的ストレスが強い方たちには、傷跡治療が必要です。

 

 

幹細胞傷跡整形とは

幹細胞傷跡整形とは、自家脂肪から幹細胞を抽出した後、傷の部位に移植する方法です。傷の部位に幹細胞を移植すると幹細胞の成人分子が分泌し、傷跡とその下の脂肪層をもりあがらせて再生させます。この時、皮膚と結合組織を構成するコラーゲンが形成され、新しい肉芽が浮上し、傷を緩和させるのです。 kizu

 

傷跡治療に幹細胞脂肪移植が必要な理由

多くの方たちが傷の治療方法として認識しているレーザーや漢方治療といった類は、薄い傷にはある程度効果がありますが、深くえぐられたような傷にはあまり効果がありません。幹細胞傷跡整形は、手術によって残ってしまった傷跡や火傷による傷、そしていまだに完璧な治療法はないといわれているニキビ跡の治療も可能です。
幹細胞を使用したニキビ跡手術は2~3回程度の治療でもその効果を目で直接確認することができるくらいに回復期間が短いのが特徴です。

 

 

百瀬
傷跡による心理的な強いストレス受けている方に、この幹細胞傷跡治療はおすすめです。幹細胞傷跡治療は、患者自身の細胞を利用するため免疫拒否反応がなく再生効果があります。新たな追加的な傷を作ることもなく安全に傷跡を治療することができます。 

 

 guide5