Blog

ある韓国の調査によると、少年少女10名中4名は整形を望むといいます。しかし整形は、外貌の満足度の問題を別として、青少年は身体成長に良くない影響を与えることがあります。そこで今日は、身体部位別に整形手術が可能な年齢を見ていきたいと思います。

 

 

目の整形は満13歳くらいから

目は、顔で一番先に成長する部位であるため、鼻より早く整形が可能です。大概、目は小学校5~6年になるころにようやく、成人の90%程度に成長します。よって目の整形は満13歳以後にするのが良いでしょう。

 

鼻の整形は種類によって満14~16歳以上から

目に比べて鼻は骨とつながっているため、成長が遅いほうです。鼻の長さは満16歳、高さは15歳、広さは満14歳までに成長するため、成長が終わった以降からするのが良いです。成長が終わる前に手術をする場合、鼻が曲がったり、ワシ鼻になったりする危険性があります。

 

 

輪郭整形と模型物は青少年は×

顎や顔全体の輪郭を調整する輪郭手術は、必ず成長が終わった後にしなければなりません。この手術は骨を固定する手術であるため、成長が終わってない状態で手術を受けると骨が成長しながら曲がったり、きちんと成長できずに奇形になる可能性があります。またさらに成長しなければならない骨が成長できなくなってしまう場合もあります。ボトックスは、一時的な効果を出す注射施術ですが、青少年には、そうでないこともあります。つまり、青少年期の皮膚は2次成長をしながら敏感な状態であるため、注入物をいれた場合、顔が固くなってしまうこともあります。

 

胸の整形は18歳以上から安全です

胸は美容的な面だけでなく機能的に授乳の目的があるため、施術前にこれを充分に考慮しなければなりません。また成長期の青少年の場合、胸が成長している状態で充分に胸の大きさや形が変わることがあり、成長が止まる満18歳まで見守る必要があります。しかし、病的に巨大な乳房症を持った女子学生や、女性型乳房症の男子学生であれば、心理的なストレスの解消という次元で成長期にでも手術を考慮することができます。

 

脂肪吸引は成長期以後に

青少年は細胞数が増えながら体型が形成される次期であるため、脂肪吸引を受けると体型が正常でない方向に変わりかねません。また、この時期脂肪吸引を受けても脂肪細胞がまだ成長期にあるため、満足のいく効果を得ることができません。

 

※韓国で整形を望む未成年の方は、保護者同伴が基本原則ですが、保護者が同伴しない場合は、保護者の同意・許可を必ず得てから訪韓するようにしましょう。

 

 


関連記事