バッカルファットとは?バッカルファット除去についてQ&A

バッカルファットという言葉を聞いたことありますか?インターネットで検索すると、バッカルファットについての情報はいろいろ出てきますが、中には間違ったものを見かけたりもします。というわけで、今回はバッカルファットについて正しく理解してもらうために、Q&A式で説明してみたいと思います。

Q バッカルファットとは何ですか?

バッカルファットとは、頬の深い部分にある脂肪のことをいいます。

Q バッカルファット除去とはどんな手術ですか?

頬の脂肪を取り除く手術をバッカルファット除去といいます。しかし実際に除去するのは、頬の下側、つまり口角のすぐ横側に位置する一部分の脂肪だけです。この部分の脂肪が多いと口の中に飴玉を含んでいるように見えたり、ごはんを食べるときに頬の内側をよく噛んでしまったりします。

Q バッカルファットはどうやって除去しますか?

手術はとても簡単で、睡眠麻酔と局所麻酔で進行します。口腔内の粘膜を1~1.5cm切開したのち、そこから脂肪を除去し、溶ける糸で縫合します。手術時間はおよそ10分~15分です。

Q ダウンタイムはどれくらいですか?

術後はすぐに日常生活が可能です。腫れは多少ありますが、目や鼻のように目立つほどではないので、2日間ほどよく冷やせばすぐに回復するでしょう。また、傷は外側からは見えませんので人目を気にせずに外出もできます。

Qバッカルファットを除去したら、顔は痩せますか?

バッカルファットを除去するのは、ある一部分ですので、その部分だけの脂肪を取っても、頬全体がほっそりと痩せる効果はありません。(バッカルファット全てを除去するわけではありません)また骨格自体に問題がある場合は、脂肪を取ったとしても、思うような効果は望めません。

Q バッカルファット除去で起こる副作用にはどんなものがありますか?

簡単な手術とはいえ、外科的な手術というのはどんな手術でも炎症、感染、出血、壊死などの副作用が起こる可能性があり、ゼロとはいえません。しかし確率的にはとても低く、稀です。

また補足として、バッカルファットの除去においては、副作用よりも以下のような問題が生じる可能性があるので、知っておくといいでしょう。

●脂肪を取りすぎると、かえって頬がこけてしまうため、適量を除去しなければならない

●脂肪層なので神経線や筋肉が多い位置ではないが、下顎部分には多くの神経線や筋肉が位置しているため、その部分にまで触れた場合は、神経麻痺や筋肉がたるむ恐れがある

●年齢によって老化が進行している方は、バッカルファットを除去してもたるみの問題までは解決できないため他の施術と併用して解決が必要


バッカルファットの除去が本当に必要なのか、除去すれば効果があるのかどうかは、専門医に診断してもらう必要があります。もしかしたら、問題なのはバッカルファットではなく他に原因があるかもしれません。

バッカルファットが原因なら、バッカルファット除去

顔全体に脂肪が多いなら、脂肪吸引

筋肉まで発達しているなら、ボトックス(または咬筋縮小術)

骨格が問題なら、輪郭手術

専門医と相談して問題が何かを把握し、適切な手術を受けるようにしましょう。