Blog

こんにちは。ここのところずっと輪郭イベントのお客様の対応に追われていまして、最近ちょっと落ち着いてきたな・・というところですでにイベント第2弾がスタートしたのですが、この第2弾の輪郭イベントでご紹介している内容に、3D頬骨というのがあります。早速問い合わせいただいた方から、“3D頬骨とは何ですか?”という質問がありましたので、今日はこの3D頬骨についてご紹介したいと思います。

 

どんな角度からもなめらかな3D頬骨縮小術


TL3D-horz

 

大きくて広い頬骨に効果的な台形切骨

 

icon-plus


立体感が必要な部位にボリュームを作る双方向回転方式

 icon-plus

 個々に合わせた固定

icon-arrow-down 

実質的な頬骨の縮小と同時に自然な立体感を活かした小顔効果

 

3D頬骨縮小術の効果

既存のL字型切骨術を利用した頬骨縮小の場合、骨の大きさは減りますが、術後、頬のたるみが生じたり、頬骨の不整癒合などの副作用が生じる恐れがありました。しかし台形切骨と双方向回転方式で頬骨を減らし、後ろの固定を通して皮膚の筋肉をタイトにつかむことで頬のたるみや不整癒合の心配は無くなり、より滑らかで弾力のある頬骨縮小が可能になります。



 

百瀬
最近の頬骨縮小術には、この回転方式を採用している病院が増えてきており、病院によっては3D頬骨回転術と呼んだりもします。骨を回転させながら固定する点は同じなのですが、切骨の形がL字型なのか台形なのかでわかれるようです。今回イベントでご紹介している病院は台形&回転方式です。安くなっている今がチャンスですのでこの機会をどうぞお見逃しなく!

 

guide5


関連記事