Blog

韓国の整形外科は江南駅、狎鴎亭駅、新沙駅に多く位置します。整形手術を受けようと考えてる方たちはどういった基準で病院を選択されているのでしょうか。もしかしたら、形成外科専門医ではない人に自分の顔を任せてはいないでしょうか?そんなわけで今日は前回にも紹介しました、形成外科専門医についてお話したいと思います。

 

形成外科専門医になるには最小で11年以上の期間が必要です

 ※形成外科専門医になるための過程

  1. 医科大学(予科2年+本科4年)
  2. 医師国家試験合格後 医師免許取得
  3. 大学病院インターン過程(1年)
  4. 大学病院整形外科レジデント過程(4年)
  5. 医師免許取得後2回以上の論文発表、2回以上の学会発表
  6. 形成外科専門医の受験資格取得
  7. 形成外科専門医の試験(1次-2次-3次通過) 

このような過程を経てはじめて、形成外科専門医というタイトルを得ることができます。大学病院での長いレジデント過程で多くの患者を診て経験を積むことは、非専門医が病院を開設するのとは大きな違いがあることがわかります。しかし実際に患者が病院に行っても誰が専門医で誰が非専門医かはわかりません。こういった部分は大きく浮上されず、整形情報がきちんと認知されてないためです。

 

 専門医の看板
seikei

 

非専門医の看板
seikei2

 

判断基準は病院の看板、又はwebサイトで

上の図のように、専門医であれば●●●整形外科医院という病院を開設できますが、非専門医は●●●医院、診療科目 整形外科というふうに病院を開設しなければなりません。しかし韓国人の患者さんでも一見、看板だけ見てもどれもみな同じというのが大多数です。●●●整形外科だけを目立たせて診療科目は見えないほどの小さな文字で表示されているため遠くから見たらわかりません。専門医を看板だけで区別するのが難しい場合、ネット検索で病院を探すことも可能です。

整形コリア(http://www.prskorea.co.kr/)というサイトは、ログインなしで韓国の形成外科専門医を検索することができます。大韓整形外科学会に関連した学会である大韓整形外科開院協会が、一般の患者と形成外科専門医との間の円滑なコミュニケーションのために運営しているサイトです。形成外科専門医たちが加入しており、アップデートも早いため簡単に専門医を検索することができます。

 

同行をお断りする場合も

最近、問い合わせで希望の病院を指定されてくる中には、調べてみると非専門医と思われる病院が見つかるケースが発生しています。もし非専門医の可能性が高いと判断した場合には同行をお断りせざるを得なく、実際にそういったケースも発生しています。お客様が美容整形を目的としている場合、私が同行可能な病院は形成外科専門医が一人以上常駐している病院に限りますので、ここで皆さまにはあらかじめご了承いただきたくお願い申しあげます。

 

 


関連記事