【韓国・渡航情報】6月1日から観光ビザ申請受付スタート

違和感が全くないです~眼球陥没の手術後記

眼球陥没とは、その名のとおり眼球が陥没していることをいいます。つまり、眼球突出とは反対のの状態のことです。この眼球陥没を改善する手術として、眼窩の中に補形物を挿入する方法があるのですが、今回はその手術を受けた方の手術後記をご紹介したいと思います。

 

『眼球陥没の手術を受けて1ヶ月が経とうとしています』 クァンウさん

目に異物感を感じるのではないかと思ったんですが、意外ですね。最初の数日は目が少し充血しましたが、手術してから完全に適応していて中に何かが入ってる感じがしません。 1ヶ月経とうとしているのにこうなんです。補形物が私には合ってるんでしょうか? 不思議ですね。

生まれて初めての手術でしたが、手術後にどうすればいいかや、気になることや問題があればすぐに連絡するようにと病院のスタッフの方はとても親切に接してくれました。
本当にありがとうございました。

はじめ私は大学病院以外は考えていませんでした。大学病院だけをリストに書いて相談しに通っていたんですが、大学病院はとにかく待ち時間が長くて疲れてしまって…そんな中こちらの病院を見つました。

今になって考えてみるとよく調べもせずに無知だったと思います
こちらの病院の院長先生は私が生まれる前からブラジルで輪郭整形をしている方で、韓国に戻ってからも30年以上病院を運営されている凄い方で、好きなことを情熱的に長期間やっている姿にとても感心しました。そして病院がアットホームな感じがしたのも良かったです。

ソウルの中心地にある美容外科なので、他の手術も勧められるのではないかと恐れつつ相談にいったんですが、 無駄な心配でしたね。私の眼球陥没は予想外の事故で骨折してしまったのが原因なんですが、院長先生は話をよく理解してくださり、手術の結果もうまくいきました。

おかげで、目が窪んでやつれて見えていたのが、今はとても良くなりました。

この眼球陥没の手術を行っているのは、眼球突出の手術でも有名な病院の先生です。ABOUT MEDICALでは眼球突出・眼球陥没ともに手術に関するご相談をお預かりしております。

※お問合せはLINEにてご連絡ください※

LINE@ID :@qps2436f
友だち追加