顔の脂肪吸引とは?

顔に脂肪が多いと顔がその分広く大きく見えてしまいます。とくに顎の周囲の皮下脂肪は、骨自体は大きくないのに顎が大きく見えてしまう原因にもなりえます。

顔の脂肪は部位によって、長所になったり(脂肪があることで若く見える)短所になったり(顔が大きくたるんで見える)します。つまり頬やこめかみ部分に脂肪があると、立体感があって若々しく見えます。

しかし、脂肪があってはならない部位は、顎の周囲の脂肪と二重あごを作る脂肪です。この部位に脂肪が多いと顔は広く大きく見え、あるいはたるんで老けて見えてしまいます。また法令線の上に脂肪がたくさんあると、法令線のしわが余計に深く、たるんで見えてしまいます。

顔の脂肪は脂肪分解注射で脂肪を溶かす方法と、脂肪吸引による脂肪細胞自体を吸引して除去する方法があります。これらの方法は脂肪細胞自体を除去あるいは溶かして無くすので、効果は永久であり、太ってもお肉が再びつくことはありません。顔に脂肪が多いと、歳をとるにつれて、顎のラインがゆるんできますが、若いうちにこの脂肪を除去しておくことで、歳をとってからもたるまないすっきりした顎のラインを維持することができます。

 

顔の脂肪吸引の特徴
・皮膚の下の皮下脂肪から深層部だけを除去し、皮膚がデコボコすることはありません

・脂肪細胞を取り除くため再び戻ることはありません

・手術で除去できない部分は注射を併用して完璧な結果を得ることができます

・たるんだ皮膚が引き上げられ、リフティング効果を得ることができます

・顎がほっそりとなる輪郭矯正の効果があります

・睡眠麻酔で30分以内にできる簡単な手術です

 

百瀬
輪郭手術で骨は小さくなったものの、顎周りのお肉のせいで今一つ顎ラインがすっきりしないという方や、もともと顎周りに肉が多い方でこれから輪郭手術をする予定のある方は、同時に顔の脂肪吸引をすることをおすすします!