Blog

最近、SNS(特にtwitter)で病院の情報を得てる方たちが増えています。しかし日本国内のSNSに出回っている病院の情報は限られているので、皆さんが希望してくる病院というのは、どうしても同じ病院に集中してしまいがちです。

そのため最近も目・鼻のカウンセリングで立て続けに同じ病院に同行するということが続きました。

でもそれはある意味仕方のないことだと思います。日本人は整形を周りに隠す傾向にあるため、知人・友人からの情報を得るというのは、可能性としてはとても低いです。そうなると、ネットでの情報に頼るしかなくなってしまいます。

誰か一人が韓国のある病院で手術をしたとSNSに上げれば、日本人がそこで手術をしたという安心感や同じ日本人としての信頼感のようなものが生まれるのは人の心理として当然なのだと思います。

先日も鼻の手術を考えている方からSNSを通じて知った病院にカウンセリングに周りたいとの依頼を受けて、同行をしてきたのですが、周ってる最中にその方からこんな質問を受けました。

『ここの病院は韓国では有名ですか?』

『いいえ、おそらく日本だけだと思います』

『では韓国人にはどこの病院が人気なんですか?』

『どことは言えないです…韓国では特定の病院に人気が集中することがないので。』

韓国にはソウル市内だけでも大小含めて600~700もの美容外科が存在します。地方都市も含めたらおそらく1000は裕に超えることでしょう。しかも目・鼻はどこの病院でも手術を行っているので、そんな整形大国の韓国では、病院の人気が一か所に集中することはあり得ません。

ではそんな韓国で韓国人はどうやって病院を選んでいるのかといいますと、一番に多いのは知人・友人からの紹介です。その次にネットからの情報といえるでしょう。

しかしネットも韓国は日本とは違い、数えきれないほどの整形カフェ(ネット上の掲示板のようなもの)のコミュニティが存在し、登録さえすれば、誰でも無料で参加できるシステムとなっています。そのカフェ内では病院名を公開したり病院を批判する行為こそは禁止されていますが、整形の写真をUPしたり、1:1の個人的なメッセージのやりとりが可能となっているため、そこで多くの情報交換がなされています。私も実際にいくつかのカフェに登録して利用したことがありますが、やはりネットはどこの誰かも知らない人たちが発言している場所ですので、信憑性はどこにもありませんし、もしかしたら病院のスタッフがマーケティングの一環としてこっそりと利用しているかもしれません。

では、病院選びはどうしたらいいのでしょうか?

結局その答えはひとつしかありません。実際にカウンセリングを受けてみて決めることです。まずはネットで得た情報でもかまいませんので、実際にその病院を訪問してみてください。症例を見て、先生と話して、病院の雰囲気などを感じ取ったりなどしてご自身の目と耳で確かめていただくことが一番大切です。

他の誰かにとって良い病院が、自分にとっても良い病院とは限りません。情報を鵜呑みにするのではなく、誰かが良いといった病院が、果たして自分にとっても良い病院なのか?それを実際にご自分の足で確かめてみてください。

 


関連記事