アテコール 同行通訳してきました

お久しぶりです。更新がずいぶんと滞ってしまいましたが、その間数々の同行通訳をさせていただきました。

そのうちの一人の方がアテコールの施術をされたいとのことで病院をご紹介し同行させていただきました。アテコールとは“半永久フィラー”と呼ばれており、その持続効果は10年と言われているフィラーの一種です。

 

 

 icon-check-square-o アテコールの特徴
アテコールは施術後から1ヶ月かけて一度体内に吸収されるため、一見減ったように見えます。しかしその後2~3ヶ月かけてコラーゲンが再生されてボリュームが出てきます。ボリュームが定着したらその後は10年持続します。

 

 icon-check-square-o  アテコールの量
1本の量は0.7ccで、施術部位によって注入量(本数)が変わりますが、普通、額の場合ですと3~5本を要します。実際のカウンセリングを通して必要本数は決まります。 
※他のフィラー注射は1本1cc

 

 icon-check-square-o アテコール施術後の注意事項
処方された服用薬を3日間服用します。また施術後、注射跡に皮膚再生テープを2日間貼りますが、洗顔・メイクなどは施術直後から可能です。

 

 icon-hand-o-right 今回施術をされた方は、両側の眉毛の上の部分が目を開ける時によく動くせいで、その部分だけ凹みが生じていました。過去に脂肪移植やフィラーもされたのですがその部分はよく動くためすぐに吸収されて定着しなかったため、今回アテコールを施術されたのですが、注入した量は両眉毛上の一部分だけということもあり、左右で1本ずつです。また、眉毛が動くのを抑制するために眉間ボトックスも同時にされました。

 

百瀬
アテコールは性質上、後々取り出したい場合、注射などで簡単に溶かすことができないため、除去するには手術が必要になります。失敗などのないように、施術を受ける際には症例数が多く経験抱負な医師のもとで受けてください。

 

guide5