Blog

韓国には様々な注射施術がはびこっていますが、とくに芸能人たちが施術を受けていることで一時有名になった注射施術があります。それがいわゆる“美白注射”といわれる類のものです。特に中国に支店まで建てたある美容外科の“白玉注射”と呼ばれる美白注射は、多くの人が闇ルートで注射剤を売買しているといわれる程、爆発的な人気がありました。

 

黒い肌を白く変える注射はない!

韓国では(日本もそうですが)、白い肌を好む傾向にあるため、美白効果のある注射施術を求める人は多いと思います。しかし美白効果を謳って施術に使われるものは美白施術として許可を得ていない製品たちばかりです。大部分のその正体は肝臓治療のために使用される抗酸化剤です。肝臓が悪くなると顔色が悪くなりますが、肝臓治療の薬物を投与すると一時的な効果で顔色が改善されることがあります。これを美白効果があるといって美白注射の主成分として投与することは安全とはいえません。

 もし一回の施術でも、目に見えてわかるほど美白効果があるならば、その施術は疑ってみる必要があります。一体何の成分によって一回の施術で肌が白くなるというのか?それ程の効果があるということは、つまりはどれだけ強い成分が含まれているのか?…想像さえつきません。

世の中に肌の色を変える方法はありません。美白効果は短期間では得られないということを私たちは認めなければなりません。

 

注射施術もやはり専門医との相談は必須です

栄養剤、または簡単な注射であっても成分を確認せずにむやみに投与をしてはいけません。糖尿病患者はブドウ糖を摂取できませんし、病症によっては点滴を受けられない人もいますので、疾病がある場合は事前に知らせて専門医と相談し、自分に合った適切な栄養剤や注射施術を受けるようにしましょう。

 

 guide5

 

 

 


関連記事