Blog

ご存じの方も多いかと思いますが、美容整形のカウンセリングで廻っていると、同じ整形手術でも病院ごとに費用が違うことに気づきます。多くは100万ウォン以上の差があったりもします。本来、整形手術の費用自体が安いものではなく、病院関係者ではない以上、平均的な価格を知ることはできません。よって、お客は病院が提示した価格が適正なのか、高いのかわからなく悩みます。特に整形が初めてである場合にはなおさら費用に敏感にならざるをえません。では一体なぜ病院ごとに価格が異なるのでしょうか?

 

医療価格の基準がない美容整形

国家は国民の疾病の改善に対する責任として医療保険法を通して私たちが健康に生きられるように制度を整えました。一般的に韓国の病院の医療価格は保健福祉部の医療価格の基準によって決められていますが、美容整形は法によってその基準が定められていません。美容目的の整形は疾病として分類されず、望む人だけが選択的にする手術だからです。 
韓国の保健福祉部は日本の厚生省のようなところ

もし自分の税金が他人の美容整形に使われていたら、それを受け入れられる国民はどれだけいるでしょうか?そのような理由から美容整形の医療価格には基準がありません。すなわち言われた価格が費用になります。それは韓国だけではなく全世界でそうです。

 

美容整形の医療価格は医師の技術によって決まる

整形の価格は手術の結果に対する顧客の満足度や選好度、病院の運営に必要最低限の費用を基に測定された金額です。その中でもおおよその平均価格は存在し、手術の難易度によって、あるいは専門医の実力によって手術費用に差があります。簡単にいうと、整形は専門医の固有の技術であるため、その技術の価値によって要求する費用が変わってくるのです。

整形のカウンセリングを廻っていると、しようとする手術のおおよその平均価格がわかるようになり、自分が安い費用で手術を受けるのか、高い費用で受けるのかの程度もわかってきます。

 

過度な割引要求は医療サービスの質を下げる

ごく稀に、手術費用を無理に値切ろうとする人がいます。もちろん顧客の立場では可能な限り低価格で良いサービスを受け最上の結果を得るのが一番良いことでしょう。しかし、手術を執刀する専門医と病院勤務者の立場は違います。顧客ごとに異なる値段で手術をすることは相対的に高額を支払った客への信頼に背くことであり、何より、安い費用で手術をしようとすればその質が下がってしまうことは否めません。病院ごとに最大の割引幅というのは設けてありますが、その幅を小さくとどめているのは、無分別に価格が変動するのを抑えるためです。

同じ手術なのに、ある人は自分より何十万ウォンも安く手術を受けたことがわかったら客も気分を害します。これは病院と顧客の立場が異なるためお互いが理解をしなければならない部分です。顧客は手術費を値切ることに集中することよりも、病院がそれだけの責任を持って手術に任務するという意味で考えてみてはどうでしょうか。整形手術とは物を買うのではなく自分の顔を手術するものなのですから。

 

価格が格安な理由

非専門医が大部分である美容整形外科では、薄利多売形式の格安な手術費用を打ち出して手術の数を通して病院の経営を維持しようとします。経験不足でしかも専門医という経歴もないため、彼らが勝負をかけられるのは価格だけなのです。手術に失敗し、再手術のために他の病院を訪問する客たちをみると、ほとんどが非専門医の病院で格安な値段で受けていたという事実を確認することができます。もちろん中には、才能の秀でた非専門医たちもいますが、その人たち全てを擁護できない理由があるのも確かです。

 安い価格で手術をする病院はいくらでも探すことはできますが、決して費用が優先されてはいけません。安全で良い結果が出ることが一番重要なのです。それでもやはり価格を一番重要視するのであれば、まずは平均価格を確認し、自分に合った病院を見つける努力が必要です。

 

guide5

 

 

 


関連記事