Blog

こんにちは。先日ある病院に行った時のこと、カウンセラーさんとある患者さんの保護者の方との会話が聞こえてきたのですが、その保護者の方は次のようなことを言っていました。

“先生は歳も若くなさそうだし気乗りしない。だからもっと若い医者を探す”

私はそのセリフにビックリしたのと同時に内心こう思いました。若い医者が腕がいいという訳ではないのに…。
整形手術をする時に一番に考慮しなければならない要素は、手術をする医者です。手術は機械や装備でするのではなく、医者の手先(指先)で結果が変わるため、病院を選ぶというよりも医者を選ぶことがもっとも重要になってきます。そこで患者にとって良いと思える形成外科医の年齢と経歴について考察してみたいと思います。

 

専門医が目指す道はミス0(ゼロ)、継続10年以上

 形成外科の専門医の資格を獲得した人が開院したり、ペイドクターになるには最短でも34歳前後になってからになります。(※軍隊の服務期間を含んでいるため)ここからある方面の専門家になろうとすれば、最短で5年、長くみれば10年以上が必要です。

ある形成外科医の言葉を引用すると『門を開いて2~3年ほど過ぎてくると“こうやればいいのだ”という実力がつくのではなく“こうしたらダメなんだ”という気づきを感じるようになる』のだそうです。
これは、どこで止めたらいいのかがわかるようになる過程です。

 ミスを徐々に減らしてゼロにする過程がまさしく本当の専門家として進む道であり、このような点から見た時、その病院が開院して10年以上継続されてきたというなら、その病院は患者さんが信じるに値する経歴があるとみて良いでしょう。

 

一人で考えることもネット情報もあてにならない

整形の相談をしに訪れる方の中には、自ら手術について計画を立ててその内容を準備してくる方が多くいます。例えば、“私は目頭切開を絶対にしないといけない”、“全切開ではなくて部分切開がいい”、“目尻さえ下げればやさしい印象になるはず”etc…。しかし、自ら立てた計画の大部分は現実的ではありません。

整形は一人でたくさん考えたからといって、またインターネットから情報をたくさん得たからといってきちんとわかっているとは言えないばかりか、良い結果を保証するものではありません。自分の望む姿が、実際に具現するのが可能かどうかがもっと重要なのです。

 これを確認できる一番の方法は、一人で考えたり、パソコンを開くことではなく、直接整形外科を訪問することです。それも形成外科専門医を訪ねることです。形成外科専門医の資格を保有し、同じ病院で10年以上の経歴があるなら、それは自信をもって専門家だといういうことができます。その専門家がどのような話をするのかを聞いてから、それに合った計画を立てても遅くはありません。

 guide5 

 

 

 


関連記事