脂肪幹細胞移植のメリットについて

脂肪幹細胞移植という美容整形手術をご存じでしょうか?この手術のおもな目的は、乳がんなど、なんらかの事情によりバストの部分切除を行った方や、もともとバストが小さい方などを対象としてバストの形成やボリュームアップを行うものです※1。また、豊胸手術を希望しているものの、バッグの挿入に抵抗のある方にも適した手術であるといわれています。では、類似の手術であるコンデンスリッチ脂肪移植脂肪幹細胞移植では、どのような違いがあるのでしょうか?
※1 胸以外にも顔、ヒップ、手などに施術可能

 

コンデンスリッチ脂肪移植とは?

コンデンスリッチ脂肪移植とは、ご自身の体内から吸引した脂肪を、希望する部位に注入するというものです。この手術の特徴は、吸引した脂肪が外気に触れる前に遠心分離し、不純物除去後の濃縮された脂肪を注入するというところにあります。ところが、せっかくこの手術を受けても脂肪が完全に定着するとは限らず、体内に吸収されてしまうケースも少なからずあります。また、体内の皮下脂肪が少なすぎる方の場合には、この手術を受けることができません。

 

では脂肪幹細胞移植はどうなのか?

この手術の特徴は、脂肪だけではなく、幹細胞も同時に希望する部位に注入するため、コンデンスリッチ脂肪移植と比較した場合には、定着率が高いといわれています。

では、幹細胞とはいったいなんなのでしょうか?私たちの細胞の中には、幹と呼ばれるものが存在しており、さまざまな細胞を生み出す細胞とご説明すればわかりやすいでしょう。幹細胞は体内でふたつに分裂し、幹細胞はそのまま、もうひとつは別の細胞に変化するという性質を持っています。
脂肪幹細胞移植では、コンデンスリッチ脂肪移植のように自らの体内から吸引した脂肪を遠心分離して不純物を除去したのちに、希望の部位に注入するところまでは同じなのですが、幹細胞を同時に注入することにより脂肪細胞が活性化されるため、定着率が非常に高いという特徴を持っています。

 

脂肪幹細胞移植なら韓国で!

この脂肪幹細胞移植の手術を行うに当たっては、日本国内より韓国のほうが断然安価で、症例数はもちろん日本を上回っています。通常の脂肪移植では満足できなかった方や、これから脂肪移植を考えてる方で定着に不安な方は韓国で脂肪幹細胞移植をしてみてはいかがでしょうか。

→胸の幹細胞脂肪移植ならお得なメニューで! 

 

guide5