胸の脂肪移植をするなら、“幹細胞脂肪移植”

こんにちは。脂肪移植をする際に気になるのは何といっても“生着率”です! 最近は顔以外の、胸に移植をする胸の脂肪移植も人気ですが、今日は、中でも生着率が良いと言われている、胸の幹細胞脂肪移植についてご紹介したいと思います。

 

幹細胞脂肪移植とは?

胸の幹細胞脂肪移植は、単純に脂肪移植だけを利用した胸の脂肪移植を1ランクアップグレードさせた方法といえます。中肝葉幹細胞は、細胞の分裂と分化再生の助けをし、移植しながら損失された脂肪を充足させ、さらなるボリューム感を長く持続させる効果があります。しかし、いくら良いとされる幹細胞脂肪移植を受けるといっても施術者のテクニックや施術方法、体系的な手術システムを持っていなければ、手術後の結果は変わってきます。 単に大量の脂肪を移植してしまうことで表れる、生着率の低下、球形拘縮、石灰化といった副作用を避けるためにマルチレイヤー方式で脂肪を注入します。

 

 

マルチレイヤー脂肪移植とは?


 
mune

マルチレイヤー脂肪移植とは、脂肪を一か所に集中的に注入するのではなく、層ごとに幾重にもくまなく脂肪を移植する方法です。移植された脂肪が安全に定着し、生着するようにする高度なテクニックです。また、上から下へいくほど豊かになるドロップ型の理想的な胸の形を具現しようと、扇の形へと脂肪を広げて注入する方式を採用し、さらに美しい胸の形を演出します。

 

 

幹細胞脂肪移植の差別性
1 再生/分裂/分化に効果的な中肝葉幹細胞を使用
2 最先端の医療機器
3 高難度の脂肪吸引・移植テクニック
4 最上の生着率を実現する、新しいデザイン機能

 

病院選びが決め手
韓国内でも最多の幹細胞抽出装備を保有している病院で胸の幹細胞脂肪移植を受ければ、少ない脂肪量でも多量の質の良い幹細胞を抽出できるため、一度の施術だけでも十分なボリュームの増大効果を期待することができます。

 

 

mune1

mune2