2014年の整形トレンド?!目下切開の効果

外貌も一種の経済力という認識が大きくなっている韓国ですが、卒業を控えた多くの学生たちが美容整形外科を訪れています。中でも人気のひとつが“目下切開”というものです。目下切開とは目尻があがっていたり、瞳孔が下瞼によって隠れている方がする手術です。目下切開をすることによって目がすっきりし、また黒目が見えるようになることで目が大きく見える効果もあります。今年2014年はこの“目下切開”が整形トレンドのひとつとなると言われています。今日はそんな“目下切開”について詳しく紹介したいと思います。

 

目下切開の手術方法

目下切開とは?
目尻側、すなわち目の外側を下げる手術で、目の下を下げてさらに大きくなる効果と共に、 すっきりしたイメージを与える手術です。
手術方法: 結膜を通して下瞼を外側に1/3下げる手術法で結膜を通して行うため傷跡が見えないという 長所があります。傷跡が生じず、構造的な形態を変えるため上がった目尻が下側へ下がりながら 外側へ広がって、大きくすっきりした目つきを演出する手術方法です。

mesita

 

 

 

 

 

目下切開の効果

目下切開は目の手術の種類のひとつで、目の大きさには大きく影響を及ぼしませんが、目つきをやさしく鮮明に整える手術で、目尻があがっていて険しく見える目つきを矯正するのに多く施行されています。このような目下切開は切開方向を下へ向けながら外側をひっぱる原理で手術が進行され、目頭切開と目尻切開とともに進行されればさらに大きな目元の変化を期待することができます。

 

目下切開をするのに適した目

目尻が上がっていて険しく見える印象を与える目の場合、目下切開手術で目下を少し下げながら、やさしいイメージへと変化が可能です。特に隠れていた瞳が目下切開を通して露出すればすっきりした印象になります。また目が小さくもどかしく感じる場合にも目下切開を通してこれを解決することができます。しかし瞳が下瞼で隠れていなく、白目が見える場合には、目下切開ではなく他の手術方法について専門医との十分なカウンセリングをした後に手術方法を選択することが重要です。

 

mesita3