プチ整形 ボトックス&フィラー 

  プチ整形とは、身体にメスを入れない非手術的な整形施術を意味します。切開や全身麻酔、睡眠麻酔などの必要がなく注射を利用するため10~20分程度の短い時間で簡単に成し遂げられます。一番代表的なプチ整形にボトックスフィラーがありますが、これらはシワに効果的であるため、韓国では童顔施術とも呼ばれています。

 

 

icon-check-square-o 顔のシワとエラの張りに悩んでいるならボトックス
ボトックスは正確な治療の名称ではなく、ボツリヌストキシンを商品化して作った薬の名前です。つまりボトックス施術とは、このボツリヌストキシンを使用した施術をいいます。

 

icon-check-square-o ボトックス施術が可能な部位は?
顔の震え、瞼の痙攣、多汗症の改善などの治療目的として使用されるのと同時に、額、眉間、目元などの顔のシワを伸ばしたり、張ったエラの筋肉を縮小させて卵型のフェイスラインにすることもできます。また、ふくらはぎ僧帽筋などの筋肉が発達した身体部位にも施術が可能です。

 

icon-check-square-o ボトックス施術の周期は?
ボトックス施術の効果が表れる時間は、施術後2週間経ってからです。また、効果の持続期間はおよそ5~6ヶ月といわれています。(個人差があります)6ヶ月ほどの効果が持続されるとしても、効果が無くなる前の5ヶ月目頃に追加で施術を受けると持続効果がさらによくなります。

 

icon-check-square-o ボトックスは多く打てば効果が良いというわけではない
ボトックスは、毒素です。毒素で筋肉を麻痺させて、シワを広げるのです。顔の部位でボトックス施術が可能な額、眉間、目元、エラなどは、部位ごとにシワの形態と筋肉の量は異なります。部位と症状に合った適確な量を使用することが重要で、何よりも専門医に直接施術を受けることが大切です。

 

icon-check-square-o ボリュームを補綴し童顔にするフィラー
フィラーの主成分は、コラーゲンとヒアルロン酸を基盤とした物質です。顔に注入してボリューム感をだすことで童顔になる効果があります。

 

icon-check-square-o ボトックスとフィラーの違いは?
ボトックスが毒素を利用して筋肉を麻痺させてシワを伸ばす役割であるならば、フィラーは単語の意味(filler:充填材)のとおり、該当部位を補ったりボリュームをあてがう役割をします。

 

icon-check-square-o フィラーで効果のある部位は?
くぼんだ額やほうれい線などへこんだ部位を補うのに効果的です。また、低い鼻背や、涙袋唇、顎先などへも注入でき、顔に立体的なボリューム感をもたせることができます。

 

icon-check-square-o フィラーのメリットは?
施術が簡単で、施術直後からすぐに効果が確認できます。また追加注入をしたり除去するのも簡単です。施術時間が短く、施術直後から日常生活が可能です。コラーゲンとヒアルロン酸を基盤とした成分ですので、一定期間が過ぎると体内に吸収され安全です。

 

icon-check-square-o フィラーの副作用はない?
施術後、腫れと内出血が生じることもあります。腫れと内出血は、一時的なものですのですぐに消えてなくなります。注入したフィラーが皮膚の中で固くなってしまうこともありますが、これは、体内で分解されない成分のフィラーを使用した場合に多く起こる副作用です。施術前に安全性が立証された製品なのか、コラーゲンとヒアルロン酸系のフィラーなのかを確認することが重要です。

 

icon-check-square-o プチ整形もやはり専門医に!
フィラー施術に慣れてない者が施術をすると、フィラーが深い皮膚層に入り込み、血管をふさいでしまったり、組織がひどく腫れてしまうことがあります。こういったことを事前に防ぐためにも、フィラー施術に熟練した専門医と相談し施術を受けることが大切です。

 

guide5