Blog

こんにちは。今日から韓国は旧正月の連休が始まり、整形外科の病院もしばらくお休みです。というわけでしばらくとどまっていたブログ記事も頑張って更新していきたいと思います! 今日は二重手術と目つき矯正の違いについて紹介します。

 

 二重整形は定番の人気

鮮明で自然な目つきが美のトレンドとして急上昇し、多くの女性たちがしたがる整形のひとつである目の整形は、このような成り行きから今年2014年にもさらにぱっちりした鮮明な目に自然なメイクアップがトレンドになりそうな予感です。わずか数年前までは芸能人たちのきらびやかで濃いスモーキーな目の化粧が流行っていましたが、近年になってスモーキーな濃いメイクより大きくはっきりした目元を強調しながらすっきりしたイメージを演出することが新しく浮上しています。特に目の場合どのように表現するかによってそのイメージが大きく変わるため常に多くの関心が寄せられています。

 

二重手術とは?

 二重が無かったり、あるいは二重がとても薄い瞼にしわを作ってあげるのが二重手術です。多くの方は二重手術を受ければ目がドラマティックに大きくなると考えますが、実際、二重手術だけではドラマティックに目が大きくなる効果を期待するのは難しいです。しかし二重ラインが生じることで目の形が変わりながら少しはっきりとしたように見えるため目が大きくなったように錯覚するのだといいます。

 

目つき矯正とは?

目つき矯正も二重手術と同じで個人の瞼の状態によって非切開と切開方式が選択されて進行する手術方法です。最近では切開をしても傷跡が残らず、回復も早いため切開目つき矯正をする患者さんも増えています。また目つき矯正の場合は、瞳孔が瞼でかぶさっている眼瞼下垂を解決するために進行される手術でもあります。目の左右の大きさが違ったり、二重がほどけたように見える目を改善したり、眠たく疲れて見えるイメージを改善してくれる手術方法ともいえます。

 

11

 

二重手術と目つき矯正の違い

 二重手術の場合、上記でも述べたように二重がなかったり、二重があってもラインがとても薄い瞼にしわを作ってラインを作ってあげる手術です。そのため実際にはラインひとつだけでは、ドラマティックな効果が表れるのは難しいものです。このような理由から目頭切開、目尻切開、目下切開も一緒に手術を進行することでさらにドラマティックではっきりした目を完成させることができます。

目つき矯正は二重手術と他の切開手術(目頭切開など)だけでは解決できない眼瞼下垂や、たるんだ瞼の場合に目つき矯正をすることで、はっきりした変化を得ることができます。しかし二重手術のようにラインを作る目的の手術ではなく、目の開きや形を矯正する手術であるため、眼瞼下垂があったり、瞳孔が瞼でかぶさっているような目の場合に進行される手術になります。

 

 

 


関連記事