美容整形で失敗しないための“正しい病院選びと心構え”

年々、美容整形をする人の数は増えていますが、そのいっぽうで、手術の失敗や副作用を訴える方も増えていることは事実です。こちらでも時々、再手術のご相談を受けるのですが、再手術で治せるものならともかく、すべての症状や副作用を再手術で治せるとは限りません。

そこで今回は、美容整形をするうえで、失敗や副作用から自身を守り、正しい病院の選択をするためのポイントをお話したいと思います。

SnapCrab_NoName_2014-10-6_14-45-37_No-00

美容整形を受ける前に知っておくべきこと

 icon-check-square-o 過度な欲をもたない

過度な欲は必ず副作用をもたらします。この副作用は取り返しのつかない現実を招く結果になります。あれこれ多くの手術をすすめる病院は決して良い病院とはいえません

 icon-check-square-o 自分だけの個性と自分だけの基準をもつ

過ぎた欲を持たないためにも、自分だけの個性と自分だけの美の基準をもつことは大切です。どんなに頑張っても、他人の顔にはなれません。周りと比べてばかりいたり、美に執着しすぎると整形中毒にもなりかねませんので、ある程度は諦めも必要です。他人の顔を基準にするのではなく、自分が持って生まれた造形を基準にどう改善したいのか、あるいはどこまで改善できるのかを冷静にみつめることが必要です。

 icon-check-square-o 美容外科の広告を過信しない

韓国では美容外科の広告が町中にあふれています。電車やバスの広告にもBefore&Afterの写真が貼られ、美容整形さえすれば、さもドラマティックに変身できるかのように私たちを誘惑します。しかし広告は広告でしかありません。完璧な変身、永久的な効果、もしそんなことが本当にあったとしてもそうなるためには、超高額な手術費用と命を担保にする必要があります。整形広告は、参考程度にすることです。

 icon-check-square-o icon-check-square-o  安さに惑わされない

美容外科のホームページなどをみると、手術費用が大幅割引になっている広告が私たちを誘惑をします。また、多くの人たちが、病院を選択する時に、少しでも安いところはないかとネットで探します。しかしこれだけは覚えていてください。安さにはすべて理由があるのです。

 icon-hand-o-right 安さの理由とは何か?

  1. 手術に使用する材料が良いものではない
    フィラーやボトックスなど、正規品ではないから安くなっているというケースは多いです。効果や安全性が保証されていないものあり、副作用を起こす引き金にもなりかねません 
  2. 釣り広告である
    料金が安いので行ってみたら、きちんとした手術をするには実はもっと高い費用がかかったといったケースです。要するに安い費用で客をつって高い費用で買わせる手口です。
  3. 薄利多売をしている
    手術の費用が安いところは大勢の客を施術することで利潤を得ています。これは、安い費用で多くの客をこなさなければならないため、医者は耐え間なく手術を行っており、結果、手抜き手術が行われているなんて可能性も否めません。
百瀬
 

人生を左右するかもしれない美容整形を安い費用で任せるのは賢い選択とはいえません。少々割高であっても経験が豊富で、患者さん一人一人に最善を尽くしてくれる病院を選択しましょう。

 

SnapCrab_NoName_2014-10-6_14-45-24_No-00

 

まとめると、美容整形は、

  1. 過度な欲は捨てて、
  2. 自分だけの美の基準を持ち個性を失わない範囲で、
  3. 患者個々の美しさを探してくれる経験豊富な医者に出会う!

これさえ押さえれば、失敗や後悔、副作用や後遺症といった負の産物を遠ざけることができます。