Blog

最近、韓国では整形外科の代理手術による整形副作用についての関心が高くなっています。整形手術を決定することより重要なことは病院の選択であるということはご存じでしょうか?今日は、イベント価格や誇大広告といったものに惑わされずに、整形外科を選択する時に考慮するべき&チェックするべき重要な事項をお話したいと思います。

 

代理手術をしていないか?!確認しましょう

有名な院長が手術をするかのようにカウンセリングをしておきながら、実際には別の医者が手術をすることを整形外科代理手術といいます。代理手術は違法医療行為であるということ知りながらも金儲けに急いだ病院が患者に知られずに代理手術を密かに進行するそうです。整形外科に専門医が多く所属している場合、その病院では代理手術をしていないか、チェックすることが大切です。

 

SnapCrab_NoName_2014-7-9_15-16-57_No-00 ・

 

カウンセラーが手術を決定する?

整形外科に訪問して、まず最初に会う人は誰でしょうか?それは、専門医です。病院に常駐するカウンセラーは診療についての案内と医者と患者をつなげる役割をするだけです。決してカウンセラーが手術を決定するわけではありません。専門知識のないカウンセラーと手術を決定するのは望まない手術結果を招く確率が高くなります。(注:ここでいうカウンセラーとは韓国の病院では俗に相談室長と話ばれている人のことを指します)

SnapCrab_NoName_2014-7-9_15-16-49_No-00

 ・

応急医療装備の備えはあるか?

応急医療装備は、手術をする時に発生しうる危険な状況に対応するために必須として備えられていなければならない装備です。2013年の調査によると、整形外科医院10ヶ所中、9ヶ所が応急装備を持っていないということです。医療装備をきちんと持っていないまま、手術をすれば、その被害はそのまま患者にふりかかります。整形手術を決定する時には、医療装備の備え付け現況を必ずチェックしましょう。

SnapCrab_NoName_2014-7-9_15-16-42_No-00

 

もう一度繰り返しますが、整形手術を決定する時には、病院の選択がなによりも重要です。医者の実力、病院の規模、手術後の管理など、チェックしなければならないことは1つ2つではありませんが、その中でも一番重要なのは、基本的な安全保証のもとで手術を受けられるか?ということです。手術費用の割引、病院の規模を問うのもいいですが、今日ご紹介したチェック項目3つは必ずチェックし、安全な手術で健康で綺麗になっていただきたいと思います。

 

 

 

 

 


関連記事