Blog

女性は妊娠と出産を経て老化が進行し、それに伴い自然と膣の弾力を失ってしまいます。そうなると女性としての自信感と満足感の両方を喪失してしまうことにもなりかねません。そこで今日は安全な膣縮小術のひとつ、幹細胞膣整形についてご紹介したいと思います。

 

幹細胞膣整形の施術対象

  1. 不感症で悩んでる方
  2. オーガズムを感じられない方
  3. 性欲自体がなく性関係に興味がない方
  4. 膣内部やクリトリスすべてに性感が全くない方
  5. 歳をとるにつれオーガズムを感じられなくなった方
  6. 出産以降、オーガズムを感じられなくなった方

このように多様なケースで悩んでる方が幹細胞膣整形の施術対象になり、膣縮小の改善を期待することができます。

 幹細胞膣整形とは?

幹細胞膣整形は太ももや腹部などの自家脂肪を純粋に分離したのち、脂肪から抽出した間葉系幹細胞を膣の粘膜に繊細に移植することで、弾力を補完し、やわらかい性感を取り戻す方法です。この幹細胞膣整形は、生着率が高く痛みや異物感が全くないのが特徴です。また幹細胞の回復力と自家脂肪の弾力を通して敏感な膣粘膜の性感を高める高度な施術になります。

titsu2

 ・

 

幹細胞膣整形の特徴

titsu

幹細胞膣整形は、膣円蓋まで幹細胞を一定に分散させ、高度な施術テクニックで拘縮させません。既存の膣整形手術とは違い、伸びた膣を切り取ったりしないため、施術後の回復速度が早く、早い時間内に性交渉も可能です。また、既存の膣整形手術で問題になっていた“膣乾燥”、“性感の鈍感”、“再び伸びる”といった副作用を最小限におさえます。幹細胞の特徴をよく活かし、抽出したばかりの幹細胞を使用するため、手術後の副作用もなく高い安全性を期待することができます。これからの膣縮小は、幹細胞膣整形でその効果を実感できます!

 


関連記事