Blog

自然な二重を実現する“アイプチ”というアイテムがあります。必要な時にだけ簡単に綺麗な二重瞼を作ることができ、価格も安いため特に学生など若い人たちに広く愛用されている製品です。手術の負担もないですし、大きな費用もかからない上に、二重がなくても物理的な力で二重を作れるため、早くて簡単に二重になることが人気の秘密でもあります。しかし皮膚に直接、糊を塗ってその力を利用して二重を維持する原理であるため、それだけ皮膚が受ける負担は大きく副作用もついてまわります。このアイプチの副作用で一番頻繁におこるのが、瞼のたるみです。今日は、このアイプチによる瞼のたるみという副作用についてお話したいと思います。

 ・

なぜアイプチで瞼がたるむのか?

アイプチで二重を作る時、テープや糊が長く維持するように目の周囲の皮膚をよく乾かしてから糊やテープを使用しますよね?乾燥した目元に糊やテープで人為的に皮膚を引っ張って二重ラインを作ることは皮膚にかなり無理を与えます。

eyeputi

アイプチを塗る瞼の部位は私たちの体の皮膚中でもかなり薄い皮膚です。つまり、弱い刺激にもたやすく弾力を失いたるんでしまうため、アイプチを頻繁に使用すれば皮膚の弾力はすぐに落ち、瞼のたるみが発生してしまいます。

 ・

二重埋没を考えているなら、アイプチは自重するべき

埋没法は瞼に結び目を作って二重を作る手術で、出来上がりも自然なのが特徴ですが、たるんだ瞼や脂肪が多い目には手術をしてもその効果や満足度は低くなります。瞼がひどくたるんでいる場合には切開法でたるんだ瞼を除去する手術のほうがより綺麗な目になれるでしょう。目は特に弱い組織ですので、瞼をしきりにいじって瞼をたるませたり、いじらないようにすることが何よりも肝心です。

 ・

 

アイプチで瞼がたるんでしまったら?

アイプチやテープの頻繁な使用で瞼のたるみが生じてしまったら、後に二重手術をする時には、たるんだ皮膚まで一緒に矯正しなければなりません。瞼のたるみがある場合、埋没法では効果的な矯正は不可能です。程度によりますが、部分切開法もしくは全切開法のいずれかにわけられます。つまり一番簡単な埋没法が無理な場合、たるんだ瞼まで矯正するため、手術後の腫れも長くかかります。また、万が一瞼のたるみがあっても矯正をせずに、アイプチやテープを継続的に使用を続ければ目元のシワはひどくなって目がさらに小さくなってしまうことでしょう。

SnapCrab_NoName_2014-5-7_15-56-38_No-00

 ・

アイプチは安くて負担もなく、使用方法も簡単ですので多くの若い人たちに愛用されています。しかし二重ラインを作るためにアイプチやテープを使用するのは皮膚に大きな負担を与えます。もし、一重がコンプレックスで後々、二重手術を考えているならばアイプチやテープは今すぐ使用をやめましょう。すでに瞼がたるんでしまったという方も、今すぐアイプチやテープの使用はやめ、できるだけ早く矯正手術を受けたほうが効果的です。

 

 


関連記事