Blog

胸の整形(豊胸)の再手術の原因について紹介します。

 胸の整形の再手術の原因

豊胸手術は、全世界で年間100万人の女性たちが手術を受けるという満足度がとても高い手術ですが、反面、完璧な結果を導くのに難しい手術でもあります。特に手術の経験が多くない場合や、整形について全般的な理解不足で手術を受ける場合、いくつかの副作用と期待以下の結果がでることもあります。胸の再手術の中で一番比重が高いのは拘縮による再手術です。多い数ではありませんが、毎年、拘縮患者が発生するため、豊胸手術を施行する医師たちは、拘縮の再手術のテクニック度も熟達しなければなりません。拘縮は大部分、形態異常および非対称を伴って発生するため拘縮の再手術は難易度が高くテクニックも必要になります。

 icon-check-square 大きさの不満足
胸の大きさをさらに大きくまたは小さくしたい場合に該当します。本来、切開線を利用し、造形物の大きさを取りかえる手術として、再手術の中では一番難易度が低いものになります。全身麻酔の必要がなく、睡眠麻酔でも再手術が可能です。

 

 icon-check-square icon-check-squareの不満足
挿入した模型物が適当な位置に挿入されなかったり手術後に移動したり、形がきれいではない場合です。胸の手術後、乳房の美しい形とは、上部分は比較的平坦で、乳頭から下部分が厚みがあってこそボリュームのあるように見えますが、大部分、模型物が上に挿入され乳房の上部分が盛り上がって下部分が貧弱に見える、その他には両乳房の形が対称でなかったり適切ではない位置に占領している場合です。

 

 icon-check-square 触感の不満足
既存の手術した胸の触感がとても固かったり挿入した食塩水パックの触った感じが自然ではない場合です。食塩水パックで手術して模型物の表面が触れる場合、コヒーシブゲルの模型物に交換することで簡単に解決できます。拘縮により固い触感である場合、形態的不均衡を伴います。拘縮は、豊胸手術にだけ発生する特異な副作用です。模型物を異物質と認識した人体が過度に反応し模型物周囲を固い膜で形状の壁をとりまく現象です。このようなれば、触感は固く、胸の形態が歪んでしまいます。よって無菌手術システムと出血のない手術テクニックを使った場合、拘縮確率は顕著に減ります。

 icon-check-square 模型物の破裂
現在使用されている模型物はどんなものも永久的ではありません。模型物の破裂の可否のための検診を受ける必要はありませんが、毎年定期的な乳癌検診を受ける際、模型物の破裂が確認された場合、模型物を除去したり新しい模型物に交換しなければなりません。破裂が確認されたら、1ヶ月以内に模型物を交換するのが望ましいです。

 

 


関連記事