全身脂肪吸引 Before&After

 全身脂肪吸引Before&Afterです。

 

 

Before
before

 

// 

After

after

 

Before&After

1

3

2

 

 

脂肪吸引後の管理


1)部位によって2~3ヶ月程度、圧迫服を着用する

手術後3~4週間は、手術部位を弾力包帯で巻き、体をタイトに締めるコルセットや、特別に制作された圧迫服を着用します。圧迫服は手術を受けた皮膚が収縮されることを助け、腫れを抑える役割があるため、皮膚の弾力を回復させて満足のいく体型を維持するために必ず必要です。

2)2週間が過ぎたら手術部位のマッサージをする
大部分、脂肪吸引術後7日頃過ぎると抜糸になります。その後、手術部位および隣接しており部分をマッサージしますが、マッサージは脂肪吸引後、凸凹になる皮膚を滑らかにし、硬直した部位をもう一度柔らかくほぐす効果があります。

3)手術後の持続的な食事療法と運動を並行する
脂肪吸引術以後、変化した体型を維持するためにも根気よく食事の調節をしなければなりません。
脂肪除去手術自体で終わるのではなく、手術以後、宿題が待っているのも新たな始まりです。

 

脂肪吸引後の副作用


1)皮膚の凹凸

脂肪吸引術による副作用の中には、手術部位が平らではなく、凸凹になってしまうのが代表的です。このような現象は、脂肪吸引を均一に除去できなかったり、筋肉に近い脂肪を除去をした際にまたは手術部位に血液が溜まった時に表れます。症状が深刻でない場合は、専門医の指示に従えば解決します。マッサージで解決できないほど深刻な副作用の場合、再手術の必要もあります。

2)皮膚の色の変化と感覚の鈍化
皮膚の色が変化したり、感覚が鈍くなることもあります。大部分は、一定の時間が過ぎれば消えてなくなる一時的な現象で、大きな心配の必要はありません。