二重の再手術が難しいケースとは?

二重手術は美容整形の中でも比較的難易度の低い簡単な手術といえるものになりました。手術時間も短いですし、料金もさほど負担なく受けられます。

しかし一方でその安さと手軽さからあまり慎重に考えずに安易に決めて手術を受けてしまい、後悔している方もいるのではないかと思います。

二重の再手術なら他の手術に比べても難易度は高くないため、最初の手術が失敗したとしても再手術を受ければ大丈夫と思っている方もいるでしょう。

しかしながら、実は二重の再手術が困難な場合があります。そこで今回は、二重の再手術が困難なケースについてご紹介したいと思います。

まずは二重の再手術が可能なケースです。
二重の手術を受けた後…

・マツゲが持ち上がってしまった
・二重ラインが凸凹になってしまった
・思ったより二重ラインが大きかった(幅が広い)

このような場合は、二重の再手術で直しが可能です。とはいっても最初の手術に比べたら難易度はあがりますし、おいそれと簡単に直せるということではありませんので、医師と慎重に相談する必要があることは言うまでもありません

これを踏まえたうえで、ここから先は再手術でも直しや改善が困難なケースをみてみたいと思います。

アウトラインからインラインに変える

二重のラインにはいくつかの種類があります。アウトラインとは二重ラインの始まりの位置が目頭から離れている、いわゆる平行線の二重ラインをいいます。

並行線を描くアウトラインの二重は、目が大きくすっきりした印象になるというメリットがありますが、一方で東洋人の顔には似合わず不自然な印象を与えてしまうことがあります。しかしこのように一度太い二重ラインになった状態から、再手術でインライン(末広がり型)に直そうと思ってもこれはかなり困難です。

目頭部分の皮膚というのは、目の中心部分に比べて皮膚に余裕がないため、この部分のラインの高さ(位置)を調節する余裕がありません。つまり、インラインにするには二重ラインの始まりの位置を下げることであり、これを行うにはかなりの制約があるため再手術での改善は難しくなります。

二重と同時に目つき矯正をした場合

最近は二重手術と同時に目つき矯正を同時に受けるケースが増えてきています。もはや目つき矯正は二重手術の一種といっても過言ではないほど一般化しています。

目つき矯正とは簡単にいうと、瞼を開ける力が少しの力で済むように、つまり瞼が開けやすくするために行う手術をいいます。(※この手術事態は二重ラインの大きさには左右しません)またこの手術はもともと一重だった方が二重になると、瞼を開ける力が弱いため追加で一緒に行うことが多いともいわれています。

ちなみにこの目つき矯正ですが、この手術をしたことによってトラブルが生じて再手術が必要となる場合は以下の2つが考えられます。

【矯正が足りなかった場合】
瞼を開ける力が足りない、あるいは不完全の場合は追加の手術で矯正すれば(眼瞼の筋肉を強く縛るなど)問題はありません。

【矯正し過ぎてしまった場合】
眼瞼の筋肉がタイトになり過ぎて、見開いたビックリしたような目つきになってしまったとか、目の内側に強いひきつりを感じるとか…ひどい場合には、寝る時に目が閉じられなくなったなど…日常生活に支障をきたしたり、瞼の違和感不自然なシワができるなど、過度な矯正をしたことが原因の場合は、やはり追加的な手術(眼瞼の筋肉の縛りを緩めるなど)で矯正が可能です。

このように目つき矯正自体に問題があった場合には、すぐに調整をすればそれで済むのですが、そうではなく、二重の再手術をする場合には困難になってしまいます。それは、手術(目つき矯正)をしてから長い時間が経過している場合です。

通常二重の再手術が可能な時期というのは、手術を受けてから6ヶ月が経ってからというのが常識となっていますが、目つき矯正は時間が経てばたつほど、その部分の組織の癒着が起きてしまい、目つき矯正で癒着した組織というのは解くのが困難になります。長い年月が経過していればいるほどにです。そんなわけで二重と同時に目つき矯正もしている人が、二重の再手術を考える場合、前回の手術からどれだけ時間が経過しているかによってその難易度と手術の可否が変わってくるといえます。

 

西洋人のような幅広&深い二重ラインにする場合

西洋人のような目とは、二重幅の広いアウトラインで、ラインも深く刻まれたものをさします。 とてもレアですが、このような目に憧れて再手術を受けたがる人がいらっしゃいます。

自身の瞼の皮膚に余裕さえあれば、①脂肪を十分に除去し②ラインを大きく作ることで、西洋人のような目にすることは十分に可能です。

しかし、この2点を同時に行うことは実はそう簡単なことではありません。脂肪を除去し過ぎてしまうと、癒着する確率は高くなります。また二重のラインが大きくなればなるほど、それに比例して目を開ける時の抵抗も大きくなるため一緒に目つき矯正がどうしても必要となってしまいます。そうすると、上記にも書いたとおり、目つき矯正による副作用が起こる確率も高くなってしまいます。

こういった手術は本当に実力のある医者だけが可能にします。あるいはこのような要望をするお客さんがいた時には、自然な二重ラインに誘導し患者を説得する医者が必要です。

ここまで、二重の再手術が難しいケースを挙げてきましたが、最後に、これから二重の再手術を検討している方には以下の点をよく考慮してみてください。

  • 再手術を受ける時にかかる費用と苦痛、回復にかかる時間
  • 再手術を受けたら今より満足感はあるのか

それでも再手術を望むのであれば、まずは今のご自身の状況を一番に理解を示してくれて共感してくれる医者を探すことからはじめてください。それから手術を決定しても遅くはありません。