目的に対して、手術の手段を間違える人

正しい効果を得るためには、正しい手術の選択が必要です。ご相談いただく方の中には、目的に対して、手術の手段を間違えて考えている方をお見受けするので、今回、その具体的なケースをご紹介したいと思います。

 

ケース① たるみ=脂肪と思いこんでいる

ある方から、アキュレーザー施術を受けたいというご相談がありました。頬と口元のたるみが気になるので、余分なお肉をとってしまいたいというので、写真を送ってもらい確認したところ、あきらかにそれは加齢による、たるみでした。

たるんだ部分のお肉をレーザーで吸引してなくしてしまいたいという気持ちはわからなくもないのですが、それは無理な話です。

なぜならアキュレーザーとは微細な脂肪を溶かして吸引する機器であって、今回のケースのように加齢によって生じたたるみは脂肪ではないからです。ですのでこの場合、アキュレーザー施術は適しておらず、やったとしても効果はありません。生じてしまったたるみは、糸や切開によるリフティング手術、あるいはリフティングに特化したレーザー施術で改善することができます。

 

ケース②:目頭切開復元で閉じすぎてしまった目頭

目頭切開復元とは、目頭切開によってできた傷跡や目頭の形などを、目頭を復元することで改善させる手術をいいます。ご相談者は、その目頭切開復元の手術を受けた結果、目頭の左右差が生じ、かつ塞がれすぎてしまい、目と目の間の距離が広くなってしまったので、再度、目頭切開復元を受けたいといいます。

しかしこの場合、適している手術は目頭切開復元の再手術ではなく、目頭切開の再手術です。この方の目頭はすでに復元されており十分に閉じられた結果、目と目の間が広くなってしまったのですから、目頭をもう一度切開してあげる必要があります。

ちょっとわかりづらいので、ご相談者の手術経歴をまとめます。

①目頭切開の手術→ 結果、形などが気に入らなかった

②目頭切開復元の手術→ 結果、左右差が生じ、さらに目と目の間の距離が広くなってしまった←今ココ

今回この方に必要な手術は、③目頭切開(再手術)となります。

 

このように、手術の目的とそれを果たすための手術の手段を間違えて考えている人はけっこういらっしゃるのですが、間違えて考えていること自体は別に悪いことではありません。カウンセリングの時点で病院側が正しく指摘してくれるなど、本人がその間違いに気づければ問題ないのです。一番危険なのは、間違った考えのまま、間違った手術をそのまま受けてしまうことです。中には金儲けのために患者が望むままに何でも行う悪徳な病院もあります。そんなことにならないためにも、皆さんがするべきことは、手術において正しい知識・情報を得ることではないかと思います。

 

百瀬

 

今回取り上げたケースのほかにも、まだあるのですが…今回すぐに思い出せなかったので😓また次回にでも書きたいと思います!