再手術を繰り返す人の特徴とは?

目や鼻の再手術をする人が日々増えています。今まで再手術を望む色んなお客さんを見てきましたが、再手術をしたい理由には、大きくわけると次のどちらかに当てはまります。

①自然に戻したい

⇒いかにも整形したというような不自然な顔になったので自然に戻したい

②欲心を抑えられない

⇒適度な満足ができず、もっと、もっとと欲がでてくる(もっと目を大きく、もっと小鼻を小さく、もっと鼻を高くなど)

②のタイプの人が何年か経つと、①の理由でまた整形を繰り返す、ということもよくあります。

 

再手術を繰り返している人の特徴

視野が狭く自分が正しいと思う

視野が狭い=キャパが狭いので、医師や周りの意見を受け入れることができません。そのため、自分の意見が絶対で、人の意見は間違っていると思っています。結果、自分に合った手術を正しく取捨選択することができません。

主観的なので冷静な判断ができない

客観的に物事を見ることができないので、いつも気持ちが不安定なところがあります。冷静さが欠けており、なぜ自分が整形をしたいのかの理由も曖昧であったり、あったとしてもその考えや意見には幼稚さが垣間見えます。

他人にまどわされやすい

自分がどうなりたいのか、どうしたいかではなく、皆がやってるから、周りがそうだからという具合に流行に流されやすい人です。こういう人は、病院選びも実に安易で、日本人が多く行ってるから、なんて理由で選んだりしています。

 

再手術を繰り返さないために

手術を繰り返し、過ちを繰り返したくないのなら、今すぐに必要なことは、自分に合った本当に必要な手術は何なのか、どうしたら問題点を改善できるのかを客観的に把握することです。まずはカウンセリングを受けて、医師の意見を聞くことから始めてみてください。また相談する医師は一人にとどまらず、色んな医師の意見を聞いてみてください。手術はそれからでも決して遅くはありません。