目尻切開とタレ目形成を同時に実現する!ラブリートゥイム!

目尻の手術には、目尻切開、タレ目形成(下眼瞼拡大)、目尻下げといった手術があり、それぞれの特徴は次のようになります。

  • 目尻切開⇒ 目尻幅を広げることで、目を長く大きくする効果がある
  • タレ目形成(下眼瞼拡大)⇒ 下瞼を拡大する(下げる)ことで瞳の拡大効果と、やさしいタレ目にする効果がある。目尻切開とともに施術されることが多い
  • 目尻下げ⇒ 吊り上がった目尻を下げることで、きつい目元をやさしい印象にさせる効果がある。目尻切開とともに施術される

最近の傾向としては、これらの手術を組み合わせて進行することが非常に増えてきています。

  • 目尻切開+タレ目形
  • 目尻切開+タレ目+目尻下げ
  • 目尻切開+目尻下げ

といった感じです。しかし、たった一つの手術でこれらすべての効果を同時に得てしまう目尻切開術があります。

その名もラブリートゥイムです!

ラブリートゥイムとは?

目尻切開+タレ目形成+目尻下げを同時に施行し、目の横幅を延長させながら吊り上がった目尻を下げる、DIVINE整形外科だけが行っている目尻切開術をいいます。

ラブリートゥイムと他の目尻切開との違い

切開方法 目尻切開とタレ目形成が別々の手術

効果 目尻を下げるのに微々たる効果だったり、目尻に境界線が生じて不自然になる

切開方法 目尻の横を切開。目尻の外側横に傷が残る。結膜切開で結膜の浮腫が生じる

再発の確率 単純な皮膚切開のため再発の可能性が高い

回復期間 5~7日

手術の種類 目尻切開+タレ目形成の複合手術

効果 目尻+タレ目を一度に施行するので目尻自体が長くなりつつ下がる効果がある

切開方法 睫毛すぐ下を平行に小さく切開。傷は眼輪筋の収縮方向に平行するため自然によくなる

再発の確率 内側に確実に固定するため再発の確率は低い

回復期間 即日、日常生活可能

ラブリートゥイム手術方法

STEP1  下睫毛と並行に小さく切開

STEP2  固定するために骨膜まで剥離

STEP3  目尻が横に長くかつ下がるように固定

STEP4  縫合する

 

手術後の違い

ラブリートゥイムの切開傷

通常の目尻切開とは異なり、ラブリートゥイムは下瞼の睫毛の生え際に数ミリの切開が入ります。しかしこの時、組織を取り除くようなことはありませんので、凹んだ傷になったり、傷跡が残るような心配はありません。抜糸は術後、5~7日目です。※抜糸後は一時的に傷のように見えますが、次第に治癒されれば傷は小さくなりほとんど目立たなくなります。



いかがでしか?今回ご紹介したラブリートゥイムはDIVINE整形外科だけが行っている独自の手術方法です。通常の目尻切開とはその手術方法が異なるため、

  • 他の病院で目尻切開には適さない目だと手術を断られた方
  • 過去に目尻切開をしたけど元に戻ってしまい諦めている方

こんな方にも適用します!!ラブリートゥイムに興味のある方は、ABOUT MEDICALまでLINEまたはメールにてご連絡ください。写真でのお見積もりもお預かりいたします!

LINE ID :@qps2436f友だち追加