高須院長の「韓国の美容整形は安かろう悪かろうの無法状態」の記事を読んで

ここ最近、タレントの有村藍里さんが美容整形をしたことで話題になっていますね。彼女が受けた手術について、高須院長(高須クリニック)がコメントする記事がヤフーニュースに出ていたので気になって読んでみたのですが、そこには先生が昨今の韓国の美容整形についても言及されていました。そこで今回はその高須院長の記事を読んだ感想を述べたいと思います。

まず、タレントの有村藍里さんが受けた手術というのは、上下顎骨切と前顎(オトガイ)形成です。銀座にある某クリニックで受けており費用は400万円だそうです。

高須院長のコメントをみてみましょう。

高須:口元にコンプレックスがあったんだってね。たしかに、噛み合わせがあまりよくなさそうだった。でも、手術したことでかなりすっきりして、とてもキレイになったね。

──当然、高須クリニックでも同様の手術を行うこともあるんですよね?

高須:もちろんだよ。40年も前からやっている手術だね。でも、口元の美容整形は、手術そのものよりも、術後の管理が大変なんだよ。噛み合わせの調整は、大学の口腔外科に依頼することが多いね。噛み合わせについては、美容外科ではなく、口腔外科の専門分野だからね。

高須クリニックでも40年も前からやっている手術とおっしゃってますが、高須クリニックのホームページをみると、エラ、頬骨、前顎(オトガイ)の手術項目はあっても、上顎、下顎についての診療項目は見当たりませんでした。まぁ本当に行ってはいるとしも、果たしてどれだけの症例数があるかは疑問ですね。

また『噛み合わせの調整は口腔外科に依頼する』とおっしゃっている部分について、もちろん口腔外科医が診るのは当然なのですが、韓国の美容外科だと両顎の手術には必ず常駐または提携の口腔外科医が、手術前の段階から診断や手術計画に加わります。ですので、手術後の噛み合わせの調整になってはじめて口腔外科に依頼しているのだとしたらちょっと恐ろしいのですが、どうなのでしょうか…これも疑問です。

──その一方で、韓国で美容整形手術を受ける日本人が増えていて、トラブルに巻き込まれることもあるようです。

高須:韓国は「美容整形大国」なんて呼ばれて、美容整形を受ける人が多いのは事実だけど、必ずしも技術が高いわけではない。美容整形が身近な分、玉石混交になっていて、怪しげな医者も多い。それこそ詐欺まがいの医者だって少なくない。 -中略-

韓国では完全に「安かろう悪かろう」な美容整形手術が蔓延しているんだよ。法律的な部分でも、もうちょっと成熟してほしいと思うね。

これについては私も同意します。確かに安かれ悪かれという病院はたくさんありますし、詐欺まがいでニュースになった病院があることは事実です。ただこの安さですが、韓国基準での安さは問題外として、日本の料金が高すぎるゆえ、日本より費用が安く、そのうえ技術も確かで症例数の多い手術があることも事実です。それは、両顎手術、突出口(セットバック)、輪郭手術(エラ、頬骨、前顎)、目や鼻などの再手術といったものです。

高須:もちろん、韓国にはちゃんとしたクリニックもあるけど、ハズレを引いてしまう確率は間違いなく日本より高い。韓国での美容整形手術はリスクが高いということは、もっと世間に知ってもらわなければならないな。安いというだけで、韓国の怪しげな美容クリニックに飛びついたらダメだよ。日本のクリニックのほうが技術も高いし、信頼できるってことをちゃんと知ってほしいね。

通常の目鼻の手術であれば、日本語が通じる日本でされるのが一番だと思います。しかしそれこそ日本での手術が失敗したため、修正や再手術のために韓国へいらっしゃる方もいます。また先の両顎や輪郭といった顔の骨の手術については、韓国のほうが様々な面を考慮しておすすめです。しかし条件はあります。それはきちんとした病院=技術があって、安さを売りにしていない病院を選ぶことです。

高須院長もおっしゃってるように、安かれ悪かれな病院や、誇大広告をしている病院はごまんとあるのは事実です。でも私の知る限り、安易に病院を決めてる日本人の多いこと。日本の美容外科であまりに安い費用だったら怪しむのに、韓国の美容外科なら安いところに飛びつく…一体なぜなのか不思議でなりませんが、韓国で手術を受けるという選択をするなら、日本以上に病院選びにもっと慎重になるべきです。