Blog

今まで色んなお客様とお会いして話をしていて興味深かったのは、日本の美容外科と韓国の美容外科との違いです。日本の美容外科でカウンセリングを受けたことのある方が韓国の病院でカウンセリングを受けると、皆さん口をそろえて “韓国の先生は優しい”という印象を持たれます。

また、手術を日本と韓国でどちらで受けるか悩んでた方も一度韓国でカウンセリングを受けると、ほとんどの方が韓国での手術を選択されています。

その決め手となる要素は様々な理由が挙げられますが、中でも大きな理由になるのは『好感度』があげられます。つまり、“韓国の先生のほうが感じが良い”ということです。

SnapCrab_NoName_2014-4-30_15-10-7_No-00

私は日本の整形事情には詳しくないですし、日本の美容外科の先生にはお会いしたこともないので、お客様から聞いた日本の美容外科(先生)の印象をまとめてみるとこんな感じです。

・病院が閉鎖的(他の客に会うことが一切ない)

・先生が威圧的で恐い

・上から目線でバカにされた感じ

・質問したいが聞けない雰囲気

※あくまで利用されたお客様の個人的な感想です

 

いっぽう韓国の美容外科を訪れた方たちの感想をまとめるとこんな感じです。

・病院がオープンで明るい雰囲気

・先生が穏やかで優しい

・説明が丁寧でわかりやすい

・聞きたいことを何でも聞ける雰囲気

 

こうして比較するとちょっと大げさに感じるかもしれませんが、これらは本当に私が今まで繰り返し繰り返し聞いてきたお客様たちの声です。

つまりここで私が言いたいのは、韓国の病院に対しても日本の病院と同じようなイメージを持っているとしたら、それは大きな間違いだということです。韓国の美容外科は先生やスタッフの雰囲気、システムなど日本のそれとは大きく異なりますので、皆さん、ぜひ一度韓国の病院に訪れて体感してみてください。きっと気にいっていただけると思います。

 

 


関連記事