Blog

先日、整形関連のニュースをチェックしていたところ整形事故の動画(2018年3月)を見つけました。これからご紹介するような整形事故は公になっているのはごくわずかで実はとても多いと聞きますので、日本の皆さんにも注意喚起の意味をこめてご紹介したいと思います。

 

【整形事故 “食い逃げ” 医者に被害続出】

 

ケース1

3年前に某整形外科で唇縮小の手術を受けた30代の女性Aさん。

 

手術後、飲み物を普通に飲むと唇の間からこぼれてしまうように。

 

唇は完全に閉じられず、障害が残ってしまいました。

 

Aさん『口が閉じられないのでとても辛いです…鏡を見るとすごく憂鬱になります』

 

手術の2ヶ月後、手術した医者は廃業して行方をくらましている

 

 

ケース2

某整形外科で二重手術を受けたBさん

 

二重手術の副作用で麻痺症状になり…

 

触っても瞼の感覚がありません

 

事故を起こした医者は連絡を絶って病院を辞め、別の病院で堂々と医療行為を行っている。

 

 


関連記事