Blog

今日は、ふくらはぎ退縮術についてご紹介します。ふくらはぎを細くする施術は脂肪吸引、ボトックス、神経遮断手術など色々ありますが、今日ご紹介するのは、ふくらはぎの盛り上がった筋肉を非切開方式で縮小させる施術方法です。

 

 

ふくらはぎ退縮術とは?

ふくらはぎ退縮術は精密な神経探索装備を使用し、ふくらはぎの筋肉の盛り上がりに高周波電流を放し筋肉組織を凝固・縮小させ、ふくらはぎの筋肉を次第に少なくさせていく半永久的に効果のあるハイテクニックな施術です。高周波を利用したふくらはぎ退縮術は直接切開する手術方式よりも安全で、副作用も少なく、ある一部分だけを小さくさせるわけではなく、筋肉の盛り上がりが全体的に小さくなるため自然なサイズ減少が期待できます。

/

 

太いふくらはぎの原因

遺伝的な要因で体質的にふくらはぎの腓腹筋(筋肉の塊)が発達したことで太いふくらはぎを形成する場合が一番多いです。歩き方が正しくないと、内側の腓腹筋だけに力が入って歩くようになりますが、この状態で継続的に歩くと内側の腓腹筋だけがひどく発達し、ふくらはぎの筋肉の塊が大きくできるようになります。また曲がった足の場合、まっすぐな足より体重負荷を大きく受けるため、ふくらはぎ部分の筋肉が大きく発達するようになり、太いふくらはぎを作ってしまいます。

 

施術対象

・ふくらはぎの筋肉がひどく発達してる場合
・ふくらはぎの筋肉の左右差が大きい場合
・ふくらはぎの脂肪は少なく、筋肉が発達しており、ふくらはぎの脂肪吸引だけでは効果が小さい場合
・切開手術に対する恐れがある場合
・痛みや時間的な負担のなく施術を受けたい場合
・普段、時間がなく持続的な管理が難しい場合
・安全で専門的な治療を望む場合

 

huku3_convert_20130628232608huku2_convert_20130628232719

/

 

ふくらはぎ退縮術後の注意事項

1 個人個人の測定によって施術後バンドを着用(施術2~3ヶ月着用)
2 施術後、引っ張られる感じがありますが、筋委縮によるズキズキ感によるもので、この症状をやわらげるためにもヒールのある靴を避けるのが良いです。
3 激しい運動は施術4週目から可能で、水泳のような一般的な運動は2~3週目から可能です。
4 施術後、効果が表れるまでに約2~3ヶ月の時間がかかり、 時間が過ぎるほどにふくらはぎの筋肉縮小の効果がさらに明確にあらわれます。  さらに施術1年後には、最終的な結果をみることができます。

 

 


関連記事