Blog

こんにちは~12月に入ってすっかり日本も寒くなりましたね…(今私は日本に来ています)

最近つくづく思うのですが、目頭切開って本当に満足されている方って少ないような気がします。というのも、目頭切開復元のご相談は後を絶ちませんし、“目頭切開復元”をキーワード検索してこのブログにたどりつく方が本当に多いのです。

みなさん復元したい理由は色々あるのですが、目頭切開で残った傷跡、パンチ穴であけたようになってしまった形、目頭の粘膜が過度に露出してしまった…といったものが多くあげられます。

そこで今回は、私がイチオシする目頭切開復元術の名医をご紹介したいと思います。

 

目頭切開に失敗?!してしまったら復元術を!

目頭切開再建ひとすじ、経歴14年のベテラン院長!

目頭切開再建術(以下、目頭再建)を執り行うシン・ヨンシク院長は、目頭再建の一世代走者であり、目頭再建分野において独立独歩でやってこられました。過去14年間に数千件の目頭復元術に成功し、その分野で優秀な技術とノウハウを保持していらっしゃいます。

目頭切開復元術は、約14年前から施行されてきました。皆さんご存知かもしれませんが、復元術の方法は病院によって手術方法は様々です。現在は、多くの病院でHPだけを見ると目頭切開復元術の項目を見かけるようになりましたが、それは単に他院の真似をしていたり文言をコピーしているだけというところが実は多いのです。また、インターネットで検索していると勘違いしてしまいがちな部分なのですが、その病院の先生が、“目頭切開復元の経歴が●●年”なのか、”美容整形の経歴が●●年なのか”を、正確に区別しなければなりません。

文言をコピーすることはできても、目頭切開復元の手術経歴14年という実力と経験は、一朝一夕にはコピーできないのです。

 

 

❷幹細胞の再生因子注入とは?

適用段階:目頭切開再建術後、最後の仕上げの段階

手術後のアフターケアの過程で進行される幹細胞の注入とは、自身の血液から再生因子を抽出し、真皮に直接注入することで傷の回復を促進させるケアです。目頭切開再建手術後に、起こりうる縫合傷、抜糸傷、脂肪の拘縮、皮膚が固くなるといった症状を最小限にとどめる効果があります。


 

❸EGFアフターケアとは?

適用段階:目頭切開再建術後、回復段階→セルフケア

病院で提供されるEGFアンプルを外側の皮膚(表皮)に塗布することで、皮膚の弾力と滑らかさを維持しながら、皮膚の新しい細胞の生成を促進します。

 

 

シン先生にカウンセリング&手術を受けたい方は、

メールまたはLINEにてご連絡ください。

※カウンセリング&手術同行費用10000円キャンペーン実施中※

 icon-arrow-down       icon-arrow-down      icon-arrow-down 

 

LINEで送る場合下記事項を添えてメッセージをお送りください

・お名前フルネーム(カタカナ)

・相談部位

・希望の手術日

LINE ID :@qps2436f  

友だち追加

 


関連記事